« 授業雑感 | トップページ | 情報提供 »

2018年2月28日 (水)

テコ入れ

今年も早いもので2ヵ月が終わりました。残りあと10ヵ月。この1年の目標や予定がきちんといっているのかどうか、軌道修正すべきなら早いうちに修正すべきだろうと考えて、ちょっとここで振り返ってみる。

毎月1回参加している月例翻訳勉強会もすでに7年目…8年目かな? 例年、忘年会は行わず(何しろ12月は皆さんあちこちで忘年会をハシゴで忙しいだろうからということで)、代わりに新年会をやっているので、ついこの間みんなで集まって「今年の目標」や「今年の抱負」を披露し合ったばかり。なんの偶然かは判らないけれど、今年はやけに「今までの復習に力を入れたい」とか、「このところアウトプット中心だったので、インプットをきちんと整理したい」とか、復習やレビューというキーワードが多かった。そういう私も、今年の目標はエレベーター急降下状態になっている英語力のテコ入れに絞り込んだ。なにしろ仕事関連の英語以外をここしばらく読んでいないので、さすがにこれはマズイという焦りもあったのだ。

すでに英検指導から離れて久しいのだけれど、この年末に、以前の生徒さんから数年ぶりに連絡をいただき、ようやく合格しました、という嬉しい報告をいただいた。合格お祝い会ということで久しぶりにお会いしていろいろ話を聞いたら、諦めずにずーっと勉強を続けていた、とのこと。当たり前だけれどコツコツ継続することの大切さ、続けなければ実力なんて落ちる一方だということ、おそらく合格したての元生徒さんと、今の私とでは、元生徒さんのほうが英語力があるんじゃないかしら?(少なくとも今の私が試験を受けてマトモな点数が取れるかどうか…orz)…などと考えていたら、それが判ってるなら英語の勉強やり直しなさいよ、という気持ちになって、数年前に自主退会したエコノミスト輪読勉強会への復帰と、これまた数年前に途中までやって投げ出していた英文法の問題集にもう一度じっくり取り組むこと、つまりは総合的な英語力のテコ入れを今年の自分の目標に設定した。

翻訳者として勉強すべきことはたくさんあるし、その優先順位は人それぞれ。おそらく、「語学力(外国語+母国語)、専門知識、翻訳力」が大きく3つの柱で、それ以外にも、営業スキルだったりPCスキル(翻訳ツールなど)も必要なのだけれど、そのときどきに応じて、重点的にやりたいことは変わってくるし、割ける時間も限られているので、ある程度は割り切ってやっていくしかない。幸い、専門知識と翻訳力に関しては、ずっと続けている翻訳勉強会がペースメーカーとなってくれていることもあるし(ああ、ここでもやはり継続は力なのだった)、今年はとにかく錆びついた英語力を取り戻すことに重点をおきたい。久しぶりに読むエコノミスト誌の手ごわいことといったらもう…。でも手ごわいからこそ取り組む意味があるのだし、英語力向上を目指して頑張ります。。。

|

« 授業雑感 | トップページ | 情報提供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業雑感 | トップページ | 情報提供 »