« 2008年8月 | トップページ | 2013年7月 »

2009年4月 1日 (水)

デュアル

半年も放っておくと忘れ去られたブログになっているので何となく安心(?)。

数ヵ月前にTRADOSを導入した。というか導入するハメになった。やってみるまでは、かなりウキウキワクワクしていたのだけれど、、、やってみたら、、、アカン。どうも反りが合わない。私はパソコン好きの人間だし、それなりに使いこなしているつもりだし、その辺の新人のヘルプデスク担当者よりも詳しいつもりだけれど、コイツとはどうも合わない。今までアプリケーションソフトで「使いづらい」とか「合わない」と思ったソフトは無いので、ちょっと新鮮ではあるが。要するに、こんな使い勝手の悪いソフトは好きになれん!ということなのだが。

でもエージェントさん指定だし、使うことが前提の案件であれば選択の余地はなく。しぶしぶ使ってはいるけれど、どーも使いづらくてストレスが溜まる。結果的に、インストールしていないパソコンで自分が普段やっているように通常の手順で翻訳し、すべて翻訳が終わったところでTRADOS導入パソコンを立ち上げて、そちらで翻訳済みのテキストをTRADOSに入れながら作業するという、、、まるでTRADOSを有効活用していない形だけのTRADOS作業である。なんだかなぁ。でもMedDRAを丸ごとユーザー辞書にも入れられないし、やっぱりTRADOSでの作業はこの分野には不向きだと思う。

これをやるときには2台立ち上げて並べて作業してるので、デュアルモード状態だ。ブート切り替えで1台で済ませたほうが良いのか、でもメイン機にTRADOSを入れたくないので(ソフトがケンカするのが嫌なのだ)、やはり2台で、、、いやモニターだけつなぐとか、、、本当はメイン機とサブ機はなるべく連動させたくないし、うーむ、どうするのが一番スムーズなのか作業環境を考え直そうかと思ったり。しばらく試行錯誤が続くかもしれない。メンドーなことは後回しにしたがる性格が災いして、試行錯誤というよりも放ったらかしなんだが。まぁ、そのうちどーにかなるだろう(=テキトー)。

| | コメント (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2013年7月 »