« 読み上げ | トップページ | 現状維持 »

2008年4月30日 (水)

苦手分野

怒涛の4月ももう終わり。今月は何だか妙に忙しかった。残念ながら仕事で忙しかったわけではない。他のことで忙しくて、正直、仕事どころではなかった。会社仕事が比較的ノンビリできたのが幸いといえば幸いだったかもしれない(←実際にはノンビリしていてはいけなかったのだが)。

3月からずっと取り組んでいた会社仕事の翻訳が諸事情で不要になった。こういうことがあるから社内翻訳の人員を置いておくのだろうなぁと思う。外注で翻訳を出す場合は、それなりの費用を掛けるのだから、当然、その翻訳が確実に必要という場合に外注に出すのだが、社内で処理する翻訳は、随時変更が入ったり、取り敢えず見切り発車的に(?)翻訳をスタートしつつ、書類の後半部分はまだ会議で検討中だったり、新しい報告やデータがどんどん追加されたり、挙句に、今回のようにゴッソリ変更になって、そこまでの翻訳がまったく必要なくなったりする。

まぁそれならそれで別に私は構わないので、作業がストップになったことだし、お茶でもすすってノンビリしよう…と思っていたら、別のプロジェクト担当の社員さんから、手が空いてると聞いたのでこれをお願いできますか?と声を掛けられた。はいはい、なんでしょうか?と釣られて私も営業スマイル。見たら…わわわわわ、大不得意の契約書関係。あわわわわ。

私が一番苦手なのは金融翻訳で、ごくたまに、おうち仕事で医療経済モノ(保険制度や薬価関係など)の翻訳の依頼が来ることがあるが、純然たる金融モノ(銀行、証券、株関連など)はニホンゴで読んでも判らないのに翻訳なんて絶対にムリ。次に苦手なのが契約書や雛形モノ。ISOやSOPも四苦八苦なのに、正式な契約書の翻訳は極力逃げたい。これはさすがにおうち仕事で回ってくることはないのだが、逆に社内翻訳ではわりとよく出てくる。そういえば正社員時代にも延々と契約書の翻訳をしたことがある。当時も今も大の苦手なままだ。

せいぜい2~3ページくらい、、、かな、、、と期待してワードファイルを開いたら、細かい字でびっしり、軽く2桁以上のページ数。ぐわ。。。「特に急がないので○日くらいまでにいただけますか?」って急いでいるじゃないか! ふぅ。5月は気分を切り替えて、苦手分野を克服しなさいということかな。

|

« 読み上げ | トップページ | 現状維持 »

コメント

こんにちわ。派遣で翻訳始めて、1ヵ月半が過ぎました。
元々医薬分野を目指してて今も目指したいと思っているのですが、今まさに取り組んでるのが保険、契約、環境です。今までなじみがなくて、実はかなり苦手だったりします。今日も参考になる文献を求めて、書店をさまよってきました。
snowberryさんとタイプが似ているのかな?などと思って、ちょっとうれしくなりました。私の場合はまだまだ苦手分野云々と言う前に、得意分野を作ることが先なのですが。まずは来るものは拒まず、いろいろやってみて見極めようと思っています。

投稿: たぁ | 2008年5月 2日 (金) 03:56

たぁさん、
>派遣で翻訳始めて、1ヵ月半が過ぎました

お疲れ様です~! 教える仕事と社内翻訳とを比べてみていかがですか? 社内翻訳も会社によって随分と違うと思うので一概には言えないでしょうけれど。

>今まさに取り組んでるのが保険、契約、環境です

あわわーですね(笑)。私が保険とか契約モノが苦手な理由は、一見すると日常一般用語に思える言葉が、こういう文書の中に入り込むと突然専門用語になっちゃうところかなぁ。医学用語(病気の名前とか人体の名称とか)って、ある意味、意味が1つしかないようなものだし、日常会話の中に出てくるというワケでもないので、区別しやすくないですか? でも保険とか契約モノって、普通の単語が突然クセモノになる感じがして(笑)。もちろん、金融翻訳や契約翻訳を専門にやっている方々からすれば、ちゃんと専門用語と一般用語があるのでしょうけれど。

>ちょっとうれしくなりました

あわわ(笑)。恐縮です。何より、こんな閑古鳥のブログを見捨てず訪問してくださってありがとうございます。

>まずは来るものは拒まず、いろいろやってみて見極めようと思っています

社内翻訳って拒めないですよねぇ!(笑) 苦手なものもキライなものも、持ってこられたら引き受けざるを得ないのがツライところです。まぁ勤め人は営業でも企画でも内勤事務職でも、仕事を選り好みできるハズがないんですが、でも苦手分野の翻訳って苦行以外のナニモノでもないかも。。。「たぁさんも契約書を頑張って訳してるんだわ!」と思って私も頑張ることにします~。

投稿: snowberry | 2008年5月 3日 (土) 04:17

はじめまして、坂本と申します。
医学翻訳の仕事をしているものではありませんが、前から興味のある仕事でした。大変なお仕事ですね。私も医学論文を読むことが多いのですが、アバウトに読んでいる部分が多いので、一語一句翻訳となるととても自信がありません。お仕事がんばってください。

投稿: 坂本直之 | 2008年5月 4日 (日) 22:47

snowberryさん、しばらく更新がなかったのでお加減でも悪いのかな~と思っていたのですが、お元気そうで何よりです。
契約書・・・法律関係もお断りしたいですね。って結構あったりするのですが・・・。これはもう、相性のよい会社(その会社にも得意不得意分野があると思うので)とお付き合いするしかないでしょうかね。選べる分際でもないのですが。

投稿: 主婦 | 2008年5月 7日 (水) 03:25

坂本直之さん、
>お仕事がんばってください

超超カメレスで申し訳ありません。応援ありがとうございます。医学論文を読むことが多いとのこと、私は字面で読んでいるだけで内容理解にはほど遠いので、ああいった論文を読んで理解している方は本当にすごいと思います。何しろ私、算数も理科も全然ダメなんです・・・。3ヵ月もほったらかしてしまいましたが、少しずつ更新して行きますので、よろしかったらまた遊びに来てください。

主婦さん、
>相性のよい会社(その会社にも得意不得意分野があると思うので)とお付き合いするしかないでしょうかね

エージェントさんからの依頼では契約や法律モノは今までゼロなんですよ、私そういうの、からっきし弱いし、最初から「絶対にできません!」って言ってあるので(笑)。問題は社内翻訳の書類なんですよ~。翻訳ならなんでも出来ると思われているというか、おそらく翻訳に分野があるなんて思ってないんですね会社の人たちは…。あうあうあう。まさに苦行です、ハイ。

主婦さんのブログ、毎回本当に感心しながら(というか感嘆しながら)拝読しています。放送大学のレポートの話も、ウンウンまったくだ、と思いながら読ませていただきました。期末試験の報告も楽しみにしてますね。

投稿: snowberry | 2008年7月31日 (木) 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読み上げ | トップページ | 現状維持 »