« 辞退続き | トップページ | 医療用語 »

2008年2月27日 (水)

読取不可

おうち仕事を1ヵ月ほどホサれてノンビリしている間、いざ仕事が来たときのためにアレコレと準備していたかというと、なーんにもせずにぐーたらする日々。日頃、もっと時間があればデータの整理や用語集のまとめや学校の復習ができるのに…と思っているくせに、時間があっても何にもやらないのであった。

諸先輩方からよく聞く話だけれど、仕事が来るときにはドカっと仕事が来て、ないときにはパタっと仕事が来なくなる、もっと平均的に仕事が来てくれればありがたいのだけれど、という現象は多かれ少なかれフリーランスで仕事をする人にはみんな共通なのかも。私はと言えば、「パタっと途絶える」ことはあっても、「ドカっと来る」という経験は無かった。まだまだフリーランス未満なのだ。

そうこうしているうちに論文のご依頼をいただき、さ~久しぶりのおうち仕事、と思っていたら、あらあらあら、という間に、A社とB社とC社から私にも対応できそうな分野の依頼が…。初めての「ドカっと依頼」状態である。うわーい、と浮かれている場合ではない。取り敢えず最初にいただいた論文のほうは納期に余裕があるので少しずつ進めるとして、その間に割り込みでお引き受けしてしまった案件を段取り良く片付けないと大変なことになる。中でも、40ページに及ぶ用語集を参考用にくださった案件は、最初は「用語集付きだ、ありがたい♪」と思ったのだけれど、コレが曲者。PDFの用語集だったのだが…なんと読み取り抽出不可のファイルだったのだ! こ、こんなにページ数がある用語集なのに、抽出不可の用語集って…(涙)。こうなると逆に、ありがたいどころか心理的にはお荷物みたいなもの(=いや、もちろん仕事する上ではありがたいのだけれど…)。紙で用語集をもらうよりはマシではあるけれど、指定用語がこんなにたくさんあるのに抽出不可なんて…(泣泣泣)。

原稿が読取不可のPDF画像ファイルということは多いけれど、用語集が読み取りできないファイルというのは初めてだった。自分が(会社仕事で)依頼側として資料を出す場合には、なるべくこういうイジワル(?)な出し方はしないようにしてあげたいと思ってしまった。

|

« 辞退続き | トップページ | 医療用語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辞退続き | トップページ | 医療用語 »