« リハビリ | トップページ | 読取不可 »

2008年2月24日 (日)

辞退続き

医学分野の翻訳の仕事をしたいと思い始めた頃、ずいぶんといろいろな先輩翻訳者さんのお話をうかがった。翻訳学校のセミナーに参加したり、個人的にツテのある翻訳者さんにお会いして直接お話をうかがったり。共通していたのは、仕事を始めた当初は、どんな依頼も断らず、ひたすら仕事をしたということ。スゴイなぁ、それだけの覚悟で仕事をしなきゃならないんだなぁ、とただただ感心していたのだけれど。

どんな依頼も断らず、というのは、それ相応の実力が有る人にしか言えない言葉だということを最近になってしみじみ痛感する。実力がないと、断らざるを得ないことが多々ある。自分の力量を超えた仕事を引き受けるわけにはいかないではないか。そんなものを引き受けたら、私も、依頼主(翻訳エージェント)も、そしてエンドクライアント(翻訳エージェントに依頼した製薬企業など)も、みんなが困ることになる。出来ないものは出来ないとハッキリ断るのも必要なことだ。「どんな依頼も断らず」というのは、多少の無理をすればどんなものでも対応できる実力がある人が言える言葉だ。私の場合は、どんなに無理をしても、どう頑張っても、やはり出来ないものは出来ない。

分量が少ないとか、内容が面白くないとか、レートが見合わないとか、そういう理由で仕事を選り好みして断るというのは、ぺーぺーの新人として分不相応だということは判る。でも手に負えない、自分の力量を超えた仕事はきちんと断るべきだ。それは新人でもベテランでも同じことだと思う。

年末から途切れずに続いていた「おうち仕事」が1月の下旬でパタっと途絶えた。同時に会社仕事が急に忙しくなってきたので、両方とも忙しいとアップアップになるため、まぁ良いかと思っていたのだけれど、実は打診はアレコレあったのだ。どれも私には手に負えない部類の仕事だったので、立て続けに4~5件ほど辞退してしまった。偶然とは重なるものだ。おうち仕事でお取引させていただいているA社、B社、C社からそれぞれ、分野違いの仕事の依頼が続いた。こんなに断り続けたら、そのうちホサれちゃうんじゃないかしらん?と思いつつ、やはり出来ないものは出来ない。しかも会社仕事が忙しくてヘロヘロ気味。せっかくお声を掛けてくださったエージェントさんに申し訳ないとも思いつつ、私なんぞが分野違いのものを手掛けるほうがもっと申し訳ない、と思ってお断りした。結果的に、1ヵ月ほど「おうち仕事」ゼロ状態。やっぱり、これ1本でやっていくのは大変だなぁ。あるいは、これ1本でやっていたら、分野違いでもお引き受けして死に物狂いで仕上げるべきなんだろうか。でも今は会社仕事もあるので、そこまで時間を割けないという事実もある。この辺りの線引きが難しい。今の自分には、おうち仕事で出来る時間も量も、ある程度の限界があるので、分野違いのものにまで手は出せない。

とりあえず、「おうち仕事」的ぐーたら期間を1ヵ月過ごしたところで、自分の守備範囲の仕事の依頼が来た。久しぶりのオシゴトだ~♪ 頑張ろう。

|

« リハビリ | トップページ | 読取不可 »

コメント

このところ、持病の悪化で非常にめちゃくちゃお疲れモード。よって、私も立て続けに辞退しております。身体は1つしかないものでして。今日も大型案件断ってしまいました。
やっていたら死んでいたかもしれないので断ってよかったのだと言い聞かせています。

投稿: ゆりこママ | 2008年2月26日 (火) 21:41

ゆりこママさん、
>身体は1つしかないものでして

そうですよね~、翻訳は体力勝負、体が資本(いや、翻訳に限らず、なんでも体が資本ですけど)。私も最近は「朝まで突貫工事」は利かなくなりつつあります…。ムリせず、体と相談しながら、ですね。

投稿: snowberry | 2008年2月27日 (水) 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リハビリ | トップページ | 読取不可 »