« 深まる秋 | トップページ | 全部読む »

2007年12月11日 (火)

信頼関係

しばらく更新をサボっておりました。誰も読んでいないから、まぁ良いかと思いつつ。その間に無事にコタツを発掘し、さっそく根が生えてコタツから出られない生活。コタツ作業をしていると、いっそう姿勢が悪くなるのだけれど、アパートに掘りごたつを作る余裕もないので(高床式の畳セットを組めばアパートに穴を掘らなくても掘りごたつにはなるけれど…コタツ使用時以外にはジャマだし部屋が狭くなるので踏み切れない)、春まで腰痛との闘いかも。他には、以前お世話になった英語学校の同窓会があったり。特にシュラバっていたというわけでもなく、淡々と冬ごもりしております。

年末恒例なのだが、お手伝いしているボランティア翻訳サイトから、この1年間の年間翻訳担当リストの提出を頼まれた。締め切りギリギリでようやく提出。改めて自分が担当した翻訳タイトルを並べてみると…す、す、すくない…こんなに少なくて申し訳ないくらい少ない。

以前にも書いたが、そのサイトの開設まもないころに私はボランティアスタッフに応募した。いわば古株ということになる。とにかく人手が欲しいというときに、まんまと登録してもぐりこんでしまったとも言える(笑)。今はアタマ数が足りてきたために、登録時には翻訳トライアルもあるし、英語や医療関係の保有資格も以前より高いレベルで求められている。私なんか無試験で登録しちゃったもんね。当然ながら、ボランティアと言えどもヤル気の高い人、つまり一定量の貢献をしてくれる人が求められる。年間担当の本数を確認するのもそういう理由があるのだ。で、私は自分でものけぞるほど少ないのだ。去年も少なかった…今年は去年よりも、さらに少ない…。あわわー。

でもまぁそこは古株。担当本数が少ないくせに大きな顔をしている(=いや、担当本数は恥ずかしくて言えませんが)。サイトの管理人さんにリストを送付した後、お礼のメールをいただいた。今年も多大な貢献をしていただいてありがとうございました、と書いてあって、なにやら申し訳ないくらいだが。実のところ、年間担当本数とは関係ないところで、確かに管理人さんとは密接にやりとりがある。これも以前に書いたが、夜10時を廻ってから急遽頼まれた「翌朝締め切り」の校正を朝まで一緒に(互いにパソコンの向こうにいる、という意味だが)仕上げたり、新規ボランティア登録者用のトライアル案件をアレコレ相談しながら考えたり、サイトとの契約書(機密保持関連)のひな形を作ったり、いわゆる翻訳会社の料金体系はどうなっているのか相談されて知っている限りアレコレお答えしたり。来年もぜひサイトのアドバイザーとしてよろしくお願いします、と添えてあったが(笑、つまり翻訳者としては稼働率が低すぎて役に立っていないのかも)、別に私だけではなく、登録スタッフはみんな、翻訳以外でもいろいろなサポートをしているだろうと思う。ウェブサイト構築で協力しているスタッフさん、メルマガ発行のお手伝いをしているスタッフさん、私のように特に表には出ていないけれど、おそらく医学知識の部分で協力している方々(比較的新しいスタッフさんたちは、研究所勤めなど専門知識が豊富な方々が多いのだ)など、みんなそれぞれ有形無形で協力している。ボランティアサイトというのは本当に一人の力で出来るものではない。金銭的対価はないけれど、管理人さんや他のスタッフさんたちと信頼関係を築いて、自分もサイトを作り上げているメンバーの一人なのだという気持ちもある(=翻訳自体はロクに手伝っていないが…)。管理人さんも、杓子定規に「年間本数が少なすぎて規定に反するからアナタは登録スタッフ抹消!」などと言わずに居てくれることもありがたい(苦笑)。来年は…もう少し担当しよう…。

今年は私が登録している翻訳エージェントさんにも実際に足を運んで、担当の営業さんや翻訳コーディネーターさんと直にお目にかかる機会もあった。お互いに相手の顔が判るというのは信頼の第一歩なのかな。私は出不精で人と会うのもあまり得意ではないので、基本的にはメールだけで充分だと思っているのだけれど、一度はお目にかかっておくのも悪くない。それを言うなら、ボランティア翻訳サイトの方々と一度お目にかかりたいのだけれど、管理人さんを始めとする主要メンバーが関西ベースなのでちょっと難しいなぁ。

|

« 深まる秋 | トップページ | 全部読む »

コメント

いつも拝見してますよ~(とプレッシャーをかける、笑)
ボランティア翻訳、いいですね。私はお金になる翻訳しかする余裕がないのですが(というか当分それさえする余裕はないですが)高齢になったらするのもいいかなあ、と。
有名ですがフォスタープランの翻訳など、せっせとされていた60代の先輩翻訳者の方がいました。
でもどうせなら医療分野のボランティアがいいですね。

仕事を再開するときは、お金をためておいてエージェントさんに会いにいきたいです。

投稿: 主婦 | 2007年12月13日 (木) 00:33

主婦さん、
>いつも拝見してますよ~

どうも、恐縮です(笑)。こちらにおいでいただくのは初めてですね。いや~当初はこの分野の方々とのネットワーク作りが出来ればと思って始めたブログなんですが、本人の後ろ向きな性格と内容の薄さと浅さという見事な三つ巴で(笑)、いつも閑散としております♪

>ボランティア翻訳、いいですね

個人的には継続したいと思っていますが、私が売れっ子翻訳者じゃないからこそ出来ることでもありますね(笑)。看護師さんとか研究者さんが余暇でボランティアとして翻訳するのとは違って、翻訳者にとっては、対価(報酬)を得るのとまったく同じ作業をするわけですから。それに仕事の翻訳も「人の役に立つこと」であり「その情報を欲している人を助けるもの」なので、人助けとか社会貢献とか大上段に構えたレベルでも同じになっちゃうし。結局、私が続けているのも、管理人さんのお人柄とか「この人に協力したい!」って思わせるものがあるからなんだろうと思います。

>お金をためておいてエージェントさんに会いにいきたいです。

そちらからだと新幹線飛ばしてってことになるんでしょうかね。私は不精なので、都内近郊に住んでいなければ距離を理由にエージェントさんのところに行こうなんて思わないだろうなぁ(笑)。


投稿: snowberry | 2007年12月13日 (木) 07:00

某ボランティア翻訳の合間にネットサーフィン(死語?)
していたらsnowberryさんのブログを発見!
私もいつも勉強熱心なsnowberryさんを
見習わなくては。
また訪問させてもらいますねー。

投稿: yoshida | 2007年12月20日 (木) 21:11

yoshidaさん、
>ブログを発見!

あ、こんにちは(笑)。いつもMLでお世話になっております~。あまり宣伝せずヒッソリやってます(笑)。陰口叩かれることも多いブログなんですが、まぁお暇なときにでもまたお立ち寄りくださいませ♪

投稿: snowberry | 2007年12月23日 (日) 03:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深まる秋 | トップページ | 全部読む »