« 人海戦術 | トップページ | 不眠不臥 »

2007年10月13日 (土)

腰が重い

私は体重も重いが。それより何より腰が重くてなかなか仕事が進まない。正確には進めるまでに時間が掛かりすぎる。実際に仕事に入ってしまえば一気に進むのだが(というよりも大体の場合は「すでに後がない」状態なので一気に進めるしかない)、軌道に乗るまでに時間が掛かりすぎる。どうにかならないものかなぁと思うけれど、スロースターターのクセはなかなか直らない。

今回のQC作業は参照しなければならない資料が膨大なので、一番最初に翻訳エージェントさんから「資料のハードコピーが必要な場合は宅急便で送付します」と言われていた。そんなもの必要ないだろうと思って断ったのだけれど、いざ作業を始めてみたら…ナルホド、これは画面上で行ったりきたりするのは非常に面倒だということが判った。意味も無くエージェントさんが宅急便うんぬんと言っているわけではないのだな。でも1度断ってしまったし、今から手配してもらうのでは時間的にもロスがある。自分でやってしまったほうが早いので、参照する情報が固まっている有害事象の部分のみ自分で印刷して作業することにした。これなら、原文1600ページのうちの200ページほどだし、1枚に2ページずつ印刷すれば100枚で済む。

あとは紙ベースでチェックしてマーカーでしるしをつけて、終わってから一気にパソコン上で作業…と思ったのだけれど、紙ベースで作業する物理的空間を作らなければならない(=普段はそんな広々とした作業スペースなどない)。まずは机の上の掃除から…。うーむ、ますます腰が重くなる…。

昔(といってもほんの数年前)は紙ベースで辞書を広げて、参考書(解剖学図など)を広げて、原稿も印刷したものを横に広げてパソコンに向かっていたけれど、どんどんペーパーレス化かつ支援ツールをパソコン内で使うようになったため、今は机上に空いているスペースなどほとんどない。紙の辞書を広げるということもまったく無くなった。マグカップとティーポットとパソコン(+プリンター)しか置けない状態だ。でも、ちょっと手の込んだ作業をしなければならないときに、「まず机の上の掃除から」というのは、、、確かに、あまりいただけない。この週末はひたすらQC作業を進めなければいけないのだが、これが終わった後も、きれいな机をキープして(…できるんだろうか…)軽やかに仕事が進められるようにしたい。…すでに自信は無いけど。

|

« 人海戦術 | トップページ | 不眠不臥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人海戦術 | トップページ | 不眠不臥 »