« 同時進行 | トップページ | 好きな事 »

2007年8月30日 (木)

金銭感覚

医学雑誌や医学書というのは他の種類の図書に比べて発行部数が少ないからなのか、とにかく何でも高額である。装丁もムダに豪華できれいなものが多い気がする(=これは私の偏見かも知れないが…)。医学英検の試験問題だってやたらと上質の用紙だった。こんなところで高級感を出さなくても良いのにと思ってしまうのだが、とにかく医学関係の図書類は高い。個人で医学雑誌の定期購読などをしようと思ったら清水の舞台モノだ。実際、医学雑誌の定期購読は大半が病院や医療関係企業などが相手なのだと思う。購入する側も金額なんて大して気にしないのだろう。

先日、社内の図書案内メールで、ある翻訳辞典の紹介があった。製薬企業で翻訳に携わっている方が著したものだという。ちょうどその頃に同業の先輩翻訳者さんからメールをいただいたのだが、これまた、その本が話題であった。同業の大先輩のブログでも紹介されていたので、ちょっと興味を持ち、久しぶりに大型書店に立ち寄り、手にとって実物を見てみた。ふーむ。とりたてて騒ぎ立てるほどのものでもないかなぁ。視点としては悪くないと思うのだけれど、製薬企業発という利点が活かしきれていない気がする。この仕事をしていて翻訳作業の上で誰でもつまづくような(調べてもなかなか見つからないような)訳語が触れられておらず、一般の英語の参考書や辞書に載っているようなことが延々と書かれていたり。いただいた先輩翻訳者さんからのメールによると、少々期待はずれの内容だったとのこと。ふむ、同感である。

と思っていたら、数日後にまた社内の図書案内メールが入ってきた。くだんの翻訳辞典を経費で購入したので図書室に格納しました、とのこと。はははは…。結局、質の良し悪しではなく、値段の高低でもなく、いったい何処に判断基準をおいているのかは判らないが、製薬会社というのはポンと購入してしまうところが多い気がする。先日も、上司が「メディカルライティングのノウハウ」という本を購入していたが(9万円近い。これまたムダに装丁が豪華なのである)、そのまま手付かずで本棚に飾ってある…。製薬企業の中に眠っている参考資料とういのはいったいどれくらいあるのかなぁと思う。高くてもお構いナシに購入するから、出版する側も値段を気にせずに出している気がするし、中身だって吟味しないのではなかろうか。メディカルライティングの本がもし9000円だったら、私も自費で購入して使いまくるかもしれないが、9万円では眺めるだけである。

そういえば以前に私が秘書をしていたときの上司も、数十種類の医学雑誌を定期購読していた。上司宛てに届く郵便物を仕分けるときに、医学雑誌やダイレクトメール(医学書や学会案内)が山のように届いていたっけ。そして上司は、そういう医学雑誌を目次だけサッと眺め、必要なページに付箋をつけて私に戻し、その数ページを私がコピーして上司に戻すと、雑誌本体はもう不要だったのである(=上司はコピーを持ち歩いて時間が有るときに目を通すという具合だった)。特に必要な記事がなければ、そのままゴミ箱に放り投げられていることもしょっちゅうあった。年間十数万円なのに…と思ったものだ(=ああ私って貧乏性)。どうもこういう感覚には慣れないなぁ。私の金銭感覚は製薬企業向きじゃなさそうである。

http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1381.htm

|

« 同時進行 | トップページ | 好きな事 »

コメント

snowberryさん、こんにちわ。最近、ちょくちょくおじゃまさせていただいております。
以前、製薬企業さんをクライアントとして仕事してましたが、その金銭感覚には驚きました。
マーケティング・販促にかける費用が半端じゃなく大きくて、ちょっとした会社の年商に匹敵する額ですよね。万・10万単位の金額は「小さい」のでしょう。光景が目に浮かび、思わず書き込みしてしまいました。

投稿: たぁ | 2007年8月31日 (金) 20:03

たぁさん、
レスおそくなってすみません、週末はバタバタしていて。

>万・10万単位の金額は「小さい」のでしょう。

そーなんですよ! マーケティング費用、半端じゃないですよねっ! まぁ億単位の医薬品の開発費用を考えれば微々たるものなのかもしれないけど…(でもあの金額を「微々たるもの」と考えたくは、、、むむむぅ~庶民感覚まるだしですが)。

でも、企業でも何でもそうだと思うけれど、やっぱり庶民感覚って基本だと思うんですよねぇ、変な意味じゃなく。ケチになれってことではなくて、予算があるから中身はお構いなくお金をかけるっていうのはおかしな話で、ちゃんと質を見極めるべきだと思うし、良いものにはきちんとお金をかける、質の良くないものにはお金を出さない、という風にして欲しい。そういう姿勢が、ちゃんと良いものを残していくことにつながると思うんです…まぁムリなんだろうけど。

投稿: snowberry | 2007年9月 3日 (月) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同時進行 | トップページ | 好きな事 »