« 緊急対応 | トップページ | 実施要綱 »

2007年7月31日 (火)

電子原稿

おうち仕事用にいただく原稿はPDFの画像ファイルが圧倒的に多い。エンドクライアントさんが送ってきた原稿を翻訳エージェントさんが印刷し、翻訳すべき箇所と作業不要箇所を手書きで○をつけたり×をつけたりしたあとに、それを画像スキャンしてPDF化して私に送ってくださるのだろうと思う。もちろん中にはエンドクライアントさんからFAXで送られてきた原稿だったり、電子原稿が存在しないものだってあるというのは判る。でも大抵は、もともとの電子原稿があるはずなのだ。それなのに、エージェントさんにお願いしても、電子原稿をいただけないことが多い。

確かに電子原稿はいろいろな加工が簡単に可能になるので、エンドクライアントさんとしてはあまり電子原稿で出したくないという気持ちがあるのかもしれない。翻訳エージェントさんもそのあたりを見込んで、なるべく電子媒体では原稿を出さないようにしているのではないかと思う。でもこちらにしてみれば、作業の手間や時間を無駄に消費するだけで、良いことは何も無いと思うのだけれどなぁ。先日いただいた原稿も画像スキャン化されたPDF原稿で、少々の時間を割いてテキスト化したあと、OCRの読み取り確認をしながら、同時に用語の確認もしておこうと思い、ネット上で探せそうな情報をチェックし始めたところ、原稿とまったく同じものをネット上で見つけてしまった…嬉しいようなガックリ来るような…。だったら最初からこれを送ってくれれば良いのに。こうなると、エンドクライアントさんかエージェントさんのどちらかが意地悪しているように見えてくる(笑)。ネット上に原稿があると一言教えてくれれば、無駄なテキスト化作業なんてしなくて済むし、その分、翻訳に時間を割けるわけで、多少の質の向上だって見込めると思うのに…(大幅に向上!と言い切れない自分が情けないが)。

学会で発表になったばかりの論文などの場合は、もちろんオンライン版などは無いことが多いのでFAX原稿でも仕方ないと思う。学会で配布されたプログラムなどの紙媒体に掲載されている論文の該当ページをコピーして、それをエンドクライアントさんが翻訳エージェントさんにFAXして、そのFAXをスキャンしたPDFファイルを私がもらう…という手順だ。かなり読み取りづらいけれど他に方法がない。けれども、ネット上にまるごと見付かる原稿というのも確かにかなりある。そういう場合に、電子媒体の原稿があったらお手配お願いします、とお願いしているにもかかわらず、ありません、と言われると、本当かぁ???と思いたくなる。そして探し回ると見付かったりするのだ…。

その調査まで含めて翻訳者の仕事と言われてしまえば何も言えないが、必要の無い余計な手間を産むような今の翻訳業界の常識というか仕事のやり方というのは、なんというか、非常に非効率的だなぁと思わざるを得ない。誰も疑問に持たないのかなぁ。

|

« 緊急対応 | トップページ | 実施要綱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急対応 | トップページ | 実施要綱 »