« ゆるゆる | トップページ | コンサバ »

2007年6月28日 (木)

切り分け

いよいよ書類作成作業が始まった。まだ右も左も判らない私なのだが、最初に指示された作業がファイルの切り分け。山のようなファイル(もちろん電子ファイル)を臨床試験ごとにまとめる作業から。というのは、本社から送られてきた資料は、臨床試験別ではなく、化合物ごとになっているのだそうだ。化合物A、化合物B、、、などと分かれているフォルダのなかに、それぞれ十数本のPDFファイルが入っていて、毒性なら毒性、非臨床なら非臨床というファイル名になっているのだけれど、これを、臨床試験番号ごとに並べたいという。1つの毒性ファイルのなかに、臨床試験1、臨床試験2、臨床試験3、、、というデータが一緒に入っているとでも言うのかな。

で。「あの~私のパソコンにはアクロバットライターが入っていないのですが」と上司に言うと、あれっ、入ってなかったの、じゃあすぐ入れてもらおう、ということになり、さっそくIT担当の方がインストールに来てくれた。ラッキー♪ アクロバットライターがあると何かと便利なのだが、今までに勤めた会社でもデフォルトではインストールされていないことが多い。業務で特に使用する必要性がなければ入れてもらえないのだ。私はアプリケーションソフトの使い方にはかなり詳しいほうだと思っているけれど、会社の仕事を通して覚えたものがほとんどなので、会社でいろいろなソフトを使えるのは楽しいし面白い。今回はPDFの切り分け作業なのでこのソフトがなければ話にならないし、使い方もあれこれ工夫して楽しめそう。

そんなわけで準備も整いファイルを開いて…絶句する。1本のファイル、軽く500ページくらいある…。これをいくつに切り分けて、切り分けたものを臨床試験番号が同じものは統合して、最終的に全部がまとまるまでにどれくらい時間が掛かるのか。ついでに言うと、ページが逆さまのものまで多々ある。このPDFは紙の書類をスキャンしたものをイメージ画像として処理したものなので、スキャン時に1ページ逆さまになって紛れ込んだりしたのだろう。おいおい、本社の担当者、せめて書類の上下くらい確認してください。そういうのも作り直さなきゃならないんだろうな…。書類の中身さえ判っていないので、ザっと目を通さないと、どこでどう切り分けて良いのかも判らない。でも、英語の書類をこんなに大量に「ザっと読む」というのは…。取り掛かる前からなんだか目が回りそうだ。

昨日は英検の一次試験発表だった。朝、出勤する前に早々とメールが来た。今日の午後の合否発表を確認したらすぐに報告します、という生徒さんからのメールだった。そして午後は点数の報告メールやら前回の英作文の検証やら今後の課題やらをバリバリやりとり。すべての分野が満遍なく上達するというのはなかなか大変なことだ。どこかに重点を置いて勉強すると、別のどこかが下がってしまう。でもそれを繰り返しながら、少しずつ全体の底力が上がっていくのだと思う。満遍なく上達するのは最後であり、そうなればもう合格は直前。それまでは試行錯誤のように思えても、上がったり下がったりしながら合格に近づいていくのだと思う。

|

« ゆるゆる | トップページ | コンサバ »

コメント

わたしはAdobe Readerしか使ったことがありません。ファイル操作ひとつで仕事効率が大きく左右されそうですね。ところで、Readerはつい最近Ver.8になりました。

投稿: Ya | 2007年6月28日 (木) 12:51

Yaさん、
>わたしはAdobe Readerしか使ったことがありません。

通常は翻訳作業でアクロバットのライターまでは必要ないですからねぇ。私も今までの会社でライターを使ったところはあまり無いです。でも元々こういうソフトをいじるのが大好きなので、あると楽しいんですよね~。

ところで、失礼ながら「Yaさん」とお呼びすると、「ヤっさん」みたいでおじさんぽいというかヤクザっぽいというか、妙な感じがするのは私だけでしょうか…。なぜか「Yaっちゃん」とか「Yaっくん」と呼びたくなってしまいます(笑)

投稿: snowberry | 2007年6月29日 (金) 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆるゆる | トップページ | コンサバ »