« 登録ミス | トップページ | 薬学英語 »

2007年4月12日 (木)

サンプル

相変わらず変な方向で風が吹いているらしく(=あまりモノゴトが順調に進むと疑心暗鬼になるタイプなのだ)、1年以上放ったまま連絡の無かったエージェントさんから仕事の打診があった。今の段階ではまだ依頼ではないのだけれど、急ぎでちょっとボリュームのある案件が来る可能性が有るらしい。本来ならエンドクライアントさんからトライアルが課されるところだが、時間的に難しいのでサンプルがあれば出して欲しいとのこと。

巷で良く耳にする、この翻訳サンプル。当たり前のことだけれど、実際の仕事の案件はサンプルではなく仕事なのだから当然第三者に出すことなど出来ない。翻訳学校などの課題は、まぁ課題として出されている元の文章がオリジナルの題材でなければ出しても良いのかもしれないが、そんな昔に取り組んでいたころの(=つまり翻訳の出来が悲惨な状態の)ものをサンプルとして出すなんてとんでもない。となると、公になっているものを何か自分で適当に選んで、それを好きに料理して(=訳して)サンプルにすれば良いということなのだろうと思う。ホームページで自由に閲覧できるオンラインジャーナルの記事、規制当局の通知やニュースなどを、自分で見繕ってサンプル用に訳しておけば良いのだろうな。でも私は今までそういうものを用意したことが無い。

今までのところ、サンプルを求められたときには、ボランティアで翻訳を担当させていただいたサイトの記事のURLを記すことにしている。そのサイトは一般公開のものだし、私が訳したことが表示されているし、原文も見ることができるので、判りやすいと思うからだ。そのサイトでは医師が翻訳文の監修をしてくださるので、厳密には私が1人で仕上げたものということにはならないが、当然その旨もサイトに記されているし、何より、わざわざ添付ファイルの形でサンプル文書を用意しなくても、URLならすぐに見ることができて手軽で判りやすい。今回もサンプルとしてそのサイトのURLをお知らせした。

ところが今回は、打診されている案件が日英翻訳のため、日英のサンプルは無いかと訊かれた。言われてみれば当たり前だ、案件が日英なのに、英文和訳のサンプルを出すのは無意味だった(=我ながらアホである)。でも日英のサンプルなど今まで出したことが無いので何の用意もしていない。いずれにせよ、今からでは間に合わないので、取り敢えず今回は英日のサンプルで判断していただくしかないのだが(=それに、本当にその案件のご依頼があるかどうかも判らないし)、今後に備えて、日英のサンプルを用意しておいたほうが良いなと思った。さて何を用意しよう。やっぱり厚労省のサイトから何か題材を探すのが無難かなぁ。お役所言葉が苦手なんだけどなぁ…。

|

« 登録ミス | トップページ | 薬学英語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登録ミス | トップページ | 薬学英語 »