« 1分おき | トップページ | 翻訳会社 »

2007年2月23日 (金)

同じ業種

何やら忙しくてブログ更新が滞っております。何もしていないんだけど、なんで忙しいんだろう?(=何もしていないからだろうなぁ。やるべきことが一向に片付かない)。まぁあんまり誰も読んでないからまぁいいか、と思いつつ。

先週の話になってしまうのだけれど、同じ業種の方々が集まる交流会に行ってきた。いわゆる「異業種交流会」というのは一時期ものすごく流行ってファッションのようにもてはやされたけれど、そういえば同業種交流会という名前は聞かない。わざわざ銘打って企画するようなものではないのかも知れないな。でも、当たり前のことだけれど同業種交流のほうが土台になるのであって、それがきちんと確立して初めて異業種交流がプラスに作用するのだと思う。自分が身を置いている世界がどう動いているのか、どんな人たちが居るのか、どんな人たちとつながっていけるのかが曖昧なままで異業種交流をしても無意味なのかも知れない。

ちなみに今回の話は同業「者」交流ではなく、同業「種」交流である。私にとって「同業者」とは翻訳の仕事をしている個人のこと。「同業種」とは医療業界に身をおいている個人のこと。先週参加したのは「同業種」交流会、つまり大半が製薬企業関連の人たち。外資、内資の製薬企業、CRO、モニターさん、看護師さん、薬剤師さん、ベンチャー企業さんなどなどが集まって、ワイワイがやがや名刺交換だの世間話だの噂話だの。私が以前に勤めていた某A社の人、某B社の人、某C社の人などがいらして(=私も相当あちこちジプシーしているので)、共通の知り合いの話で盛り上がったり。当たり前だけれど皆さん非常に勉強熱心で最新情報にもとても敏感。「今日のじほうニュースに書いてあった○○治療薬だけど~」とか「この間のRIS FAXのニュースで××の治験が~」などが酒の場でガンガン話題になる。はぁぁぁぁ、、、すごい、ちょっと着いていけない。じほうもRISもソネットM3も日頃からチェックしてるけどさ。最前線に居る人たちの臨場感とパワーに圧倒された。

普通に会社勤めをして順当にその業界を泳いでいる人は、ことさら同業種交流会なんぞと言わなくても、自然にその世界のことを理解し、横の人脈もあり、意識しなくても日々同業種交流をしているのではないかと思う。でも私はそういう土台に欠けている。出不精で腰が重い私には、こういう交流会に顔を出すこと自体がすでにチャレンジングではある。「同業者」(=翻訳している人々)との交流は、ネット上のコミュニケーションがメインになることが多く、これなら私にもそんなにハードルは高くない。でも、実際に出向いて初対面の人々と飲んで食べて語り合って、というのは、元々そういうことが得意ではない私には大げさかも知れないけれど一大事件状態だ。思い切って出掛けてみて、いやぁ現場のエネルギーって強烈だ、と再認識。同業種の方々の熱気を身近に感じることも出来て、いやはや、引きこもってばかりいてはいかんなぁと思った。

|

« 1分おき | トップページ | 翻訳会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1分おき | トップページ | 翻訳会社 »