« 押し気味 | トップページ | 色々な人 »

2007年1月14日 (日)

メンヘル

いやなこと、つらいこと、苦しいことがあったとき、相手のせいにしても何も解決しないし自分が余計に苦しくなるだけだから、自分のせいだと考えて、ごめんなさいと言ってしまったほうがずっと気持ちが楽になる…というような主旨のことを愛読している某ブログで目にした(=私なりの言葉に翻訳してしまっているので内容が変わってしまっているかも知れないが)。そうとも言えるし、そうでないとも言えるよなぁ、と思った。周囲が良い人ばかりであればそれでも済むのだが、残念ながら世の中は謝った人が損をするようにできていたりする。謝ると余計に苦労をしょいこまなければならなかったりする。謝っても何も報われなかったりする。

相手のせいにして相手に憎しみを募らせていくことは、確かに自分が重苦しくなるし、誰も救われないのだけれど、自分のせいにして自分を追い込んでいくのも、やはり誰も救われない。自分のせいだと考えて、ごめんなさいと言って、それでも事態が一向に好転しないと、その重荷はどんどん膨れ上がって、その結果待っているのは鬱病だったり自殺だったりする。相手を殺すか自分を殺すかという選択になってしまうわけだ。

神経質で性格が生真面目でなにごとも真正面から一生懸命に取り組むタイプの人が鬱病になりやすいと言われるので、性格がぐーたらでいい加減でノーテンキの私は絶対に鬱病にならないと思っている。何かイヤなことがあると、他人のせい、お天気のせい、世の中のせい、神様のせいだと思うことにしているので(笑)、自分はのうのうとぐーたらしている(=余談だが、こういうことを書くと文字通り本気にとる人が居るというのはちょっと驚きである。以前に、遊んでばかりいないで少しはマジメに勉強したら?とブログを読んでいる人に言われたことがあって、その想像力の乏しさに言葉を失ったものだ。いや、まぁ、良いんですけどね)。

メンヘラーという言葉を初めて見たとき、一瞬なんのことか判らなかったけれど、すぐに、メンタルヘルスを病んでいる人のことだと思い当たった。昨今はメンヘラーさんが増加の一途だと感じる。人のせいにしても苦しい、自分のせいにしても苦しくて、心を病んでしまうのだろう。逃げちゃえば良いのにな、と思う。私はスタコラサッサと逃げる。敵前逃亡、大いに結構ではないか。努力や我慢はちっとも偉くないし美徳じゃないと思う。最善の努力は良いけれど、命を削って努力しても何にもならない。私は自分自身は鬱病とはまったく縁がないが、なぜか呼ぶように周囲に鬱病が多く、今年も新たに知り合った人が早速メンヘラーさんだった。目に見える病気の解明に比べて、鬱病はまだまだ判らないことが多い疾患で、もちろん疾患として興味はあるけれど、私の周囲のメンヘラーさんたちを見ていると、人が幸せに生きるために医学や科学ができることというのは相対的に本当にわずかなものだと思う。人間自身の持つ優しさ、思い遣りの気持ち、愛情というものが、結局は一番影響が大きいから。それが歪むと、相手を責めたり自分を責めることになって、メンヘルの病気が生まれるのだと思う。

|

« 押し気味 | トップページ | 色々な人 »

コメント

お久しぶりです。
おぉ~。私も周囲にもメンヘラさん多いですというか集まってきますよ~。なんだか私といると心が晴れるからとかなんとかいう理由で…。よくないかもしれないんですが、励ましたりするからでしょうか…。メンヘラさんから出てくる言霊さんたちはマイナスの波動を持ってるというか、浴びすぎるとこちらがくたくたになっちゃいますよね~。だから、心理カウンセラーさんとか大変だろうなと思います。あれは命を削る職業ですよ!きっと。私には、無理です、できません。

とても、えらそうで恐縮なんですが、(私の周囲にいるメンヘラさんたちに限っての話ですが)ちっとも不幸でないのに、不幸だと思うだけで、不幸になるってことに気づけけるようにいつも言葉を選んで話しているつもりなんですけど、なかなか伝わらないですね。本当につらい立場にいる人のほうが、前向きに頑張ってたりして、なんだか納得いかないというか。

投稿: upaupa | 2007年1月15日 (月) 04:21

あ、肝心なこと書き忘れてました。
私も逃亡型です。自分のせいにも他人のせいにもしません。運動へと逃げ出します。エアロしたり、水泳したり、走ったり…。考える時間を作らなきゃいいんです。運動してると頭真っ白ですから。で、疲れて眠って、徐々になんとなく解決というか…。しない場合はなかよく付き合っていくというか…。これ結構使えると思うんですけど。運動が嫌いな場合は、どうすればいいのかな。

メルアドの削除お願いしますね。フリーメール作ろうかな。

投稿: upaupa | 2007年1月15日 (月) 04:38

upaupaさん、こんにちは。再訪ありがとうございます。内輪以外にほとんど読者がいない閑散としたブログなので、おお、読んで下さっている方がいるのね、と変にカンドーしてしまいました(笑)。

>メンヘラさんから出てくる言霊さんたちはマイナスの波動を持ってるというか、浴びすぎるとこちらがくたくたになっちゃいますよね~。

激しく同感です。マイナスの直射日光とでも言うか、とにかく強烈です。まぁ私は右から左に流しちゃうのですが。でも、そのマイナスの波動の根源を自分の内部に抱えているメンヘラーさんたち自身、苦しくてもがいているわけですよね。そんなに深刻に苦しまなくて良いのに…と思っちゃうのは他人事だからなんでしょうかね。

>本当につらい立場にいる人のほうが、前向きに頑張ってたりして、なんだか納得いかないというか。

これまた激しく同意! でもまぁ本当につらい立場でそれを自分1人で抱え込んだ挙句に心を病んだ人も何人も見ているので一概には言えないのですが、やっぱり最後には本人の性格なんでしょうかねぇ。前向きになれる性格と、なれない性格の人がいるというのは仕方ないのかも知れません。

>考える時間を作らなきゃいいんです。

極意ですね、私もグダグダ悩んでいるときに友達に同じことを言われました。体を使えば余計なことを考えるヒマがなくなるからって。でも私、運動がキライなんですよー! スポーツのあとの爽快感って味わったこと無いです、何せキライだから爽快になる前にイヤになっちゃう(笑)。とは言っても、逃亡目的ではなくて、ちゃんと運動しなきゃなぁと思う今日この頃ではありますが…。

要は運動に限らず没頭できるものがあれば良いんですよね。だから私は楽器の演奏とかで気を紛らわします。同じ現実逃避でも、退行的なもの(=直面している問題が悪化する以前の楽しかった思い出に浸って、あのころは良かった、というような後ろ向きな逃げ方)ではなく、気分転換的な前向きな現実逃避は大いに有効だと思います。あるいは、文字通り本格的な逃亡(笑)。荷物まとめて夜逃げしちゃうとかね。命削るくらいならそのほうがよっぽど良いです。学校や職場で自殺したいくらいつらい思いをして苦しんでいたり、対人関係で誰かを殺したいくらい憎んだり憎まれたりするくらいなら、荷物まとめて夜逃げしちゃえば良い、と思いますね。まぁ生真面目な人は、そんなことできない!って思っちゃうからメンヘルを病むんでしょうけどねぇ。。。

投稿: snowberry | 2007年1月15日 (月) 11:54

おはようございます。
なんだか思うところがちょっと似ているのかなと嬉しくなりました。
メンヘラーさんかメンヘルさんと書くべきところが間違ってます。間違いが多すぎて恥ずかしい・・・すみません。

楽器の演奏ですかぁ、いいなぁ。楽器が弾ける方って羨ましいです。どちらかというと運動ばかりで・・・。実は、ピアノを小学校4年で辞めさせられました。親の賢明な判断だったと思います。男子と間違えられるほどの腕白でしたから。おまけに致命的ともいえますが、手が小さかったんです。向いてなかったようですね。アハハ。
エアロは意外と運動嫌いの方もされてますよ!初級レベルから上級レベルまでありますから!いつか試されてみてくださいね!あ、因みに、私の職業はエアロのインストラクターではないです。

投稿: upaupa | 2007年1月16日 (火) 05:48

>間違いが多すぎて恥ずかしい・・・すみません。

いえいえ、メンヘラさんという言い方もあるみたいですよ。

>あ、因みに、私の職業はエアロのインストラクターではないです。

えっと、このブログの読者さんは勝手にほとんどが同業の方だと思っていました(笑)。でも翻訳に従事している人は圧倒的に運動不足のことが多いのに、upaupaさんは運動がお好きだなんてスゴイなぁ。カッコいいです。

投稿: snowberry | 2007年1月16日 (火) 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 押し気味 | トップページ | 色々な人 »