« 早起き薬 | トップページ | 四苦八苦 »

2007年1月22日 (月)

消火活動

楽しい修羅場街道をばく進中であります。山火事を必死にコップの水で消火活動している気分。大体、私はいっしょーけんめい頑張るというのが苦手なのである。ぐーたらなニンゲンなので、全力疾走は極力避けたい。でも先にぐーたらしちゃったもんだから後がないのである。コップを持って必死に往復しながら走っているようなものである(=しかし、こんなんで消火できるんだろうか…)。

ホントーに後がないので1時間ごとにノルマ設定状態。○時までにここまで終わらないとお茶も飲んじゃダメ!トイレもダメ!ネット遊びなんてもってのほか!という状況で、ひぇぇぇ~と悶絶中。と言いながらネット遊びしている(笑)。まぁ、とりあえず本日のノルマを3時間分ほど先取りしているから良いことにする。でも3時間分なんて、ちょっとぐーたらしていたら、あっという間に追いつかれてしまうのだ(=ナニに?って、時間に、である)。毎日夜12時まで仕事しなきゃならないスケジュールになってしまっている。それもこれも前半のぐーたらが…以下同文。

消火活動といえば、関西地方の某カラオケ屋さんで起きたホンモノの火事で逮捕された女性は、消火器の使い方が判らなかった、と言っているのだとか。イザというときに備えるとは言っても、なかなかイザというときにパっと使うのは難しいよなぁと思うと、その部分に関しては同感してしまう(=とは言っても、揚げ物をしてるときに10分以上その場を離れるというのがすでに過失だが。5秒くらいなら判らなくも無いが=いや、本当は5秒だろうと1秒だろうとダメなんでしょうけれど)。私は以前にAED(除細動器)の使い方、心臓マッサージ、人工呼吸の講習を受けたことがあるが、あの講習の1回だけで、今後イザというとき、必要になったときに、果たしてパっと対応できるかと訊かれると自信が無い。消火器にしても、私もロクに触ったこともない。

お亡くなりになった方がいるので同じに例えては不謹慎かもしれないが、私も自分の大火事で(=こちらはバーチャル火事であるが)消火器の使い方が判ってないようなものだ。ああ~でも前半に火の見櫓で小火事を見ながら昼寝していたようなものだから自業自得である。さて、消火器代わりに、コップに水を入れて消火活動を続けよう…。

|

« 早起き薬 | トップページ | 四苦八苦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早起き薬 | トップページ | 四苦八苦 »