« 提出時間 | トップページ | 大型案件 »

2006年12月14日 (木)

分野違い

某エージェントさんから分野違いの仕事の依頼をいただいた。少し前に、医学・薬学分野以外でも引き受けられる分野があるかどうか訊かれていたのである。私は金融系はまったくセンスがなく(=お金自体は好きですが)、経済やら財務やらの話はサッパリ判らないので、金融翻訳だけは絶対にできませんっ!と言ったのだが、逆にまぁ、医学周辺であれば、そのときの案件に応じて…などという八方美人的な返事をしたのであった。今回の依頼時の原稿を見たときも、うーむ、と思ったのだけれど、「ナニゴトも挑戦かしら」なんぞと思ってお引き受けした。というか、お引き受けしてしまった…。

で、やり始めて、ぬぉぉぉぉー、と唸りまくり。分子生物学の論文だったのだが…む、むずかしい…。医学周辺といっても、化学薬品方面、化粧品方面、食品系方面、獣医学・動物方面、植物方面、などなど、どっちの方向に進んでも私には畑違いになるのだが、分子生物学だったら、まだ医学関連じゃん、、、などと思ったのが甘かった。まぁ分子生物学は難しいのだ、そんなことは百も承知なのだ、翻訳学校の遺伝子のクラスでは相当に四苦八苦したのだ、はぁぁぁぁ。お引き受けしたことを後悔しているわけではないのだが、いやしかし、難しい。

それでも、ニュースリリースなどではなく、論文だったからまだ救われたのかもしれない。話の流れ方は医学論文と同じである。ありがたいことに、論文なので文中に参考文献がバンバン出てくる。それを探しまくり、ググりまくり、参考文献をダウンロードしまくって、赤ペン片手にせっせと読む。どの部分をどのように引用されているのか、他に関連した内容部分はないか、専門用語以外の一般的な表現の使い方など、限られた時間の中でなんとか必死に読んだ。

医学論文を訳している時は、「○○が発現した」と書いてあれば反射的に「~ is/was developed」と訳してしまう。腹痛が発現したときも、熱が発現したときも、副作用が発現したときも、何も考えずにそのまま「~ developed」である。で、今回の論文の中に「××が発現した」という文章をみたとき、そのまま同じように「~ developed」と入力したあと、あれ?、ちょっと待てよ、これって分子生物学…と気が付いたから良かったのだが。当然ながら遺伝子の発現は「develope」じゃなくて「express」じゃん…。こんな初歩の初歩でこの調子である。本当に遺伝子クラスのコースを終了してんですかね私は。そのものズバリの専門用語はいくらでも辞書や用語集で探せるが、こういう、なんでもない当たり前の表現のほうが分野ごとに扱いが違って難しい。翻訳者にとって、専門分野というのは専門用語から成っているのではなく、特定の使われ方をしている一般的な言葉から成っているのだと思う。その分野で、一般的な言葉がどういうふうに使われているのかをきちんと把握しているかどうかが分かれ目だ。だから、分野違いのものを訳すときには、専門用語よりも普通の言葉のほうがこわい。

|

« 提出時間 | トップページ | 大型案件 »

コメント

分子生物学なんつうものはわからん。
本当に広すぎて。でもわからないとこれからの医療翻訳は大変ですぞ。
でね、私もいま、ぬおおおおおおおおお!なんです。
やりたかった副作用情報(とでもいうんでしょうか?)。
でも、鈍亀は所詮うさぎにはなれず、ちまちまと進めています。
内容はともかくとして、騒いでいる一番の理由は、
画像をそのままPDFにしたものがやってきて、それも
編集カットがされていて、OCRでテキストに読み込むなんていう
余裕なしということ。憮然としながら
ファックスで送られてきた書類をみながら入力
という古臭い方法でやっております。
もうどうにかならないかしらん?
help me till Dec.18!

投稿: ゆりこママ | 2006年12月16日 (土) 00:19

>でもわからないとこれからの医療翻訳は大変ですぞ。

そうなんですよねぇ! 遺伝子と免疫は今後の要。避けては通れないです(涙)。

>OCRでテキストに読み込むなんていう余裕なしということ。

OCR変換ソフトは何を使ってましたっけ? そんなに時間が掛かる作業じゃないから、変換しちゃったほうが早いような気がするけれど…。でもまぁ作業スタイルは人それぞれなので、新しいやり方を試す余裕が無いときには、ご自分のやりやすい方法でやっちゃうほうが結局は早かったりしますよね。

私は先日PPTをハードコピーでプリントアウトしたものを画像PDFにしたファイル(30ページほど)で依頼を請けました。元のPPTをそのまま送ってくれー!と思いましたけれど、おそらくエンドクライアントさんがオリジナルの電子ファイルを出してくれなかったんだろうと思い、オリジナル電子ファイルを要求する時間も惜しいので、画像PPTをそのままどんどんOCRでテキスト化して作業しちゃいましたよ。やりとりの手間を考えたら、その時間にサクサク処理しちゃったほうが良かったりしますね。

投稿: snowberry | 2006年12月17日 (日) 05:34

で、とりあえず、編集カット前のPDFをメールで送ってもらったら
意外にきれいな画像だったので、編集カットのところを省いてOCRで処理できました。目下Tratoolに取り込んで翻訳中。ご心配かけました。でもなんでファックスの文字はめちゃくちゃきたなかったんだろ?
来週の水曜日まで修羅場です。でもその後はのんびりできると
思っている(確定申告よりも大変な作業です・・・)ので、ここは
ふんばらねば。

投稿: ゆりこママ | 2006年12月17日 (日) 11:06

>来週の水曜日まで修羅場です。

お~、コメント見逃していました、レスが遅くなってすみません。修羅場は無事に脱出されましたか? 私は「月曜納期はイヤだなぁ」などと言ってたら、見事に「その手前」が納期の案件をいただいてしまいました。見られてるのかしらっ!?と一瞬ビビりました。「その手前」って…世間はクリスマスなんですけどね(苦笑)。

投稿: snowberry | 2006年12月21日 (木) 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 提出時間 | トップページ | 大型案件 »