« 閑話休題 | トップページ | 速報の日 »

2006年10月30日 (月)

処理能力

【編集後記】下記文中のワード数と文字数が違うのではないかというご指摘をいただきました。読み直したら、思いっきり間違えていました。ご指摘ありがとうございます! これを読まれる方は、どうぞ混乱なさらないよう…(といっても、読むと混乱すると思われます)。原文4000ワードと書いてしまったものは、仕上がり4000字のマチガイになります。まだまだ修行の足りない(計算方法もロクに判っていない)フリーランス未満翻訳者であります…。

【さらに編集後記】やっぱり自分で読み返しても混乱しそうなので、ざっくり修正を入れました。基本的に一度アップしてしまったものはなるべくそのままにと思っているのだけれど、数字は非常に混乱を招くし、自分で読んでいてもワケが判らなくなりそうなので。元々は「ワード数」と書いていたものが、実際には和訳の仕上がり日本語字数だったというのが大混乱の原因でありました。では以下、本記事へ…。

********

今朝はヘロヘロのボロボロになった。まぁいつものこととも言えるが。処理量の目算を大幅に誤ったのは単なる自分のアバウトさが原因。別に処理能力を高く見積もっていたわけではなく、予想外に難しかったということでもなく、ただただ、ひたすら自分のテキトーな目算が原因。最終的にワードカウントして時間をきちんと計算したら、通常とおりの翻訳スピードで通常の処理量をこなしていた。なんのことはない、今回はプリントアウトした原稿をザっと眺めて、だいたい1時間でこれくらいずつ、全部で○時間で処理して午前3時に終了、そうすると30分単位ではこれくらいずつ…と勝手に思っていただけで、実際にはまったくワードカウントしていなかったのである。見た目だけで分量は判りませんて…>自分。

当然ながら30分単位でどんどん後ろに遅れていく。しかも、根拠無く午前3時に終わるつもりをしているので、遅れているくせに途中でメールチェックタイムだの夜食タイムだのを盛り込む。さすがに午前3時を回って、どうやらあと3時間は掛かるというのが判った時点でちょっと眩暈がした。でもまぁやるしかないでしょ。そして午前6時に終わって、読み直して、用語統一も確認して、メールアウトしてから初めてワードカウントしたのである。そしたら、1日処理量はいつもとおりなのだった。

英検1級に合格して、おそるおそる医学翻訳の分野に足を踏み入れた頃は、無理せずに処理できる(=自分自身が安心して仕事が出来る)量は、大体1日2000字くらいだった。いわゆる「仕上がり5枚」である。アルバイト程度の処理量だ。そのころの一応の目標は、1日4000字(仕上がり10枚)をコンスタントにこなせる翻訳速度を身に付けることだった。プロの翻訳量は1日4000~8000字(仕上がり10~20枚)と言われる。どちらかというと8000字寄り(仕上がり20枚)だろう。以前にお目にかかってお話を伺ったことのある薬学がご専門の翻訳者さん(前にブログにチラっと書いたけど、フリーランスになって3年間は休みナシだったとおっしゃっていた方。ちなみに今は某大手翻訳学校の講師をなさっている)は、1日10枚じゃ喰っていけない、とキッパリおっしゃった。そりゃそうよねぇ。仮に翻訳料が1枚1000円なら、仕上がり10枚の場合、1日1万円の稼ぎ、1枚1500円でやっと1日1万5千円の稼ぎ。生活が成り立たないよなぁ。20枚こなせれば、1日2万円~3万円の稼ぎになる。これなら生活していけることになる。

でも私の場合はまだ自宅での仕事がメインではないので単純計算はできない。始めから終わりまで全速力で作業をすれば、それなりの量はこなせるようになってきたけれど、それはあくまでも終わったら引っくり返ってノンビリ休めるから。ずっとフルスピードで翻訳し続けられるわけではない。そんなことしたら脳みそが火事になっちゃう。でも、火事場の馬鹿力的な全速力での処理量は確実に上がっていることを実感。昨日の仕事も、計ってみたら1日1万字(仕上がり25枚)はこなしていた。ただし瞬発力で勝負しているので3日ともたない。つまり「1日25枚、5日で125枚」ではなく、「5日で75枚、そのうち全速力2日くらい」という程度で見込んでおいたほうが良い。今夜もこれからダッシュで仕事をするわけだけれど、やっぱり3時には寝たいのであった…。

|

« 閑話休題 | トップページ | 速報の日 »

コメント

単位が、ちょいと違うような感じがします。
word数ではなくて、letter数ではないでしょうか。

2000lettersで、5枚ならわかりますが・・・。

2000ワード(a、theなども1ワードとする)なら、A4ダブルスペースで、A4で25行程度で1枚と換算するのが相場で、13枚程度になるはずです。400文字 = 150~180単語(分野による)という計算です。

1日400字または150ワード×10枚で、1500円だとしても、30日労働で45万円になり、十分たべていけるはずです。

400ワード1枚という換算でしたら、1単語、英訳なら15円程度が最低だと思いますので、1枚6000円です。これなら、4枚で2万4千円になります。

先日、年収1800万円クラスの方の講演会での話ですが、400字原稿用紙にして15枚くらいが在宅翻訳者の平均で、30枚以上は非常にまれというデータをアルクが出しているそうです。

ちなみに、私の先月までの2か月の1日あたりの平均は、1300ワードで、原稿用紙にすると10数枚というところでしたが、それでも、平均的な翻訳料金で収入は指5本は軽く超えています。

もし、会社内勤のために、業界とカウントの仕方が違うのであれば、かなり損をされているのかもしれません。多分、1日4000ワードであれば、長年平均してする限界に近いと思われます。strawberryさんの、今の処理速度で十分以上ですので、それ以上、無理されなくてもよいと思います。もう少しのんびりでよいはずです。ご自愛を!

P.S.

ちなみに、私の勤める翻訳教室の旧担任は、学生に1000ワード1枚で500円=1ワード2円で仕事をさせようとして、学生が泣いていました。

投稿: ちょびの助の飼い主 | 2006年10月30日 (月) 23:22

>単位が、ちょいと違うような感じがします。
>word数ではなくて、letter数ではないでしょうか。

あっ、本当だ! 思い切り違いました! ご指摘ありがとうございます!(=だめだぁ~昨日から脳みそ過剰労働のため完全におかしい。翻訳内容もアヤシクなっているかも知れない…)。

140ワード=400字、ですよね。そうですそうです、4000字が10枚ですよね、そうです、ハイ(大汗)。なんか私、メチャクチャな計算しています。原文なのか仕上がりなのかも判らなくなっちゃっています…。


で、改めて昨日やったものをみたら、うん、やっぱり25枚くらいでした。約1万字です。ヘロヘロです。今夜もこの続きです(分納案件なので…)。でも昨日で内容はほとんど掴めているし、今夜の分量は昨日の半分以下だから、やっぱり目標午前3時!(笑)

>1日400字または150ワード×10枚で、1500円だとしても、30日労働で45万円になり、十分たべていけるはずです。


これは計算上はそうなんですけど、「月に30日労働」は実際問題難しいと思いますし、それより何より、30日間ずっと切れ目なく仕事があるかどうかというほうが私にとっては問題だったりして(笑)。

>400字原稿用紙にして15枚くらいが在宅翻訳者の平均で、30枚以上は非常にまれというデータをアルクが出しているそうです。

そうでしょうね。私も25枚訳せるのは全力疾走時だけですし、例えば今夜10枚やったとして、これで2日間で35枚、1日処理量は平均で17枚になるわけですから、、、平均しちゃえば普通ですもんね。

それにしても、思いっきり間違えて計算した数字をリキ入れてブログ記事にしちゃいました。たは~(汗汗汗)。早い段階でご指摘いただいてよかったです、ありがとうございました!

投稿: snowberry | 2006年10月30日 (月) 23:34

はーい!こないだオンサイトの面接で思いっきり間違えて赤っ恥かきました~!
仕上がりのカウントと原文カウントが完全にごっちゃでした…。
もう素人同然なのがばれちゃったので、その分みっちり鍛えてもらいます、はい…。

投稿: とりじろう(♀) | 2006年10月31日 (火) 23:24

>もう素人同然なのがばれちゃったので、その分みっちり鍛えてもらいます、はい…。

慣れるまでは混乱しますよね…(というか、私はもう慣れていても良いハズなのに、、、涙)。原文カウントと仕上がりカウントも混乱しますが、これに加えて、英日レートと日英レートもごっちゃになります。どっちがどっちやら…。

そういえば明日からオンサイトでしたっけ? 頑張ってください~♪

投稿: snowberry | 2006年10月31日 (火) 23:48

それでは、来年リリースの第3版の「とり辞郎」では、ワードカウント機能と、ワードカウントの解説を付けましょう。辞典の他に業界ミニ知識もあると便利ですから(「とり辞郎」のプロデューサーか?!)。

投稿: ちょびの助の飼い主 | 2006年11月 1日 (水) 09:04

>辞典の他に業界ミニ知識もあると便利ですから

こういうのって、これから翻訳者を目指している人がものすごく知りたいことのはずなのに多くは語られないんですよねぇ~。まぁそれを自分で調べることの出来ない人は素養がないと言われればそれまでですが…。

投稿: snowberry | 2006年11月 2日 (木) 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閑話休題 | トップページ | 速報の日 »