« 訳文配布 | トップページ | 炎上の後 »

2006年9月 5日 (火)

受講初日

以前から何度も参加しようと思いながらタイミングが合わなくて参加できなかったCBIのメディカルライティング講座をようやく受講することになった。今日が講義初日である。CBIの講座が有料になってから受講するのは初めてなのだが、うん、やっぱり新しい建物はきれいで非常によろしい♪ 以前はまだこの講堂が造られていなくて、とても味わい深い年代モノの建物で受講したからねぇ。冬場は冷房完備、夏場は暖房完備の(笑)、非常に環境に優しい(?)講堂での受講は大変だった。トイレも暗いし狭いし汚いし、どうにかしてくれーと思いましたわ。でもそれが一変。今日はちょっと冷房が強いのがタマに傷だったけれど、それに関しては、個別の調整ができないので上着等で調節してくださいとのアナウンスがあらかじめ受講案内の時点で言及されていたほどなので、こちらとしても織り込み済みだし。平日夜の3時間の講義、居心地良く受講できるかどうかはかなり大きな問題である。今日は二重丸。

初日ということで今日は医学論文の書き方を全体にざっくり説明して終わり。次回以降、細かい部分が言及されていくことになると思われるけれど、「ざっくり」でも知らないことがいろいろあって、ふむふむナルホド、と思うこと多し。そういえば2年近く前に受講した、やはりCBIの講座で、論文の書き方としてお手本中のお手本と言われている論文が紹介されたのだが、今回またその同じ論文がお手本として示されていた。へぇ~、有名なんだなぁ。その論文の書き方をあまりに誉めるものだから、2年前にその論文を探しだして、医学翻訳の勉強会で丸1本扱ったことがある。鐘と太鼓入りで「お手本」と言われるような論文であればぜひぜひ読みたいし訳したい。でも私自身にはまだまだ論文の良し悪しなど判りようがない。

今日の講義の中で、こういう表現は悪い例です、と講師の先生がいくつか例示してくださったものがあるが、そういう論文は実にたくさん見かける。正直に言えばそういう原文のお仕事ばかりと言っても良いくらいである。そして講師の先生自身、こういう書き方をしている論文が多いけれど、日本ではそれで良くても、海外の一流どころのジャーナルにはアクセプトされません、とハッキリおっしゃる。うーん、そういう場合、例えばそこに踏み込んだ翻訳をしたほうが良いんだろうか? まぁ投稿用の論文を英訳するわけではないので、私がメディカルライティングの領域にまで踏み込む必要もないと思うが(=そもそも、そんな高等技術は持ち合わせていないし、そこまで期待もされていないのは百も承知である)。でも、こうやって講座を受けて、「これは悪い例」と言われていることを知ってしまった以上、悪い例の日本語をそのまま英訳して良いんだろうか。つまり逐語訳をする限りは、どうしても「アクセプトされない悪い例の英語論文」になってしまうわけで、明らかに悪い例として挙げられたものと同じ表現を使っている場合、その部分だけでも、良い表現として認められるものに置き換えたほうが良いのかなぁ。それとも、裏方作業に徹して、そんなところにまで踏み込まないほうが良いんだろうか。うーんうーん。翻訳業の諸先輩方はどのようにしているのだろうかとフと思う。次回の講座のときに先生に訊いてみようかなぁ。

ところで昨日からやけに暑い。外を歩くとさわやかな風が吹いているのに、部屋の中に日中の熱がこもっているのか、えらく室温が高い。夜12時を過ぎても室温30度ってどういうことよ。とうとう我慢できなくて(これじゃ熱帯夜さながらである)、約一週間ぶりにエアコンを付け、しかも朝まで付けっぱなしにしてしまった。人工的な室温調整をせずに済むというのは体にとって非常に快適なことなのに、エアコンを付けたらテキメンなんとなく体がだるい。先日ちょっと残業したときにプチ水分不足状態になったが、そのときと同じように腕が熱くてジワジワと熱をこもらせている感じで、またもや保冷剤のお世話になった。今日のCBIの授業中も同じ側の腕が妙にだるく、これって単に暑さのせいじゃないみたいだなぁと思い、帰宅後に湿布薬を探して腕にベッタリ貼っている。すごい匂い。でも効いている気がする。腱鞘炎の一種なのかしらん?

クリニカルバイオインフォマティクス
http://cbi.umin.ne.jp/

日本メディカルライティング協会
http://www.jmca-npo.org/

|

« 訳文配布 | トップページ | 炎上の後 »

コメント

私も受けたかったけど、時間帯がど~しても無理なので断念しました。子供がいるとどうしても受けられるセミナーや講座が
限られてしまうので、悔しい思いをすることが多いです。
次回報告楽しみにしています。

投稿: ゆりこママ | 2006年9月 6日 (水) 04:54

>時間帯がど~しても無理なので断念しました。

夜間の講座は難しいでしょうねぇ。でも社会人対象の講座だと大体は夜になっちゃうみたいですね。

CONSORT、IMRAD、LIKA、などなど、なんとなく目にしていたけれど何のことかハッキリは判ってないというようなものについてサクっと説明してもらって、なるほど~の連発でした。(LIKAは「Little is known about...」の略だそうで、これは「典型的な悪い書き方の例」なんだそうです)。

投稿: snowberry | 2006年9月 7日 (木) 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訳文配布 | トップページ | 炎上の後 »