« 既存の訳 | トップページ | 第三回目 »

2006年9月18日 (月)

実力維持

9月の連休には例年は必ず英検の強化授業をしていた。今年もこの3連休で予定していた・・・のであるが、最終的にはキャンセルになった。まぁ諸般の事情が重なったからなのだが、今回はちょっと視点を変えて今までとは違うやり方にしようと思っていたのに準備が間に合わなかったというのもある。私が1人で教える方法ではなく、恩師や同士を巻き込んで合同勉強のスタイルにしてみたかったのだ。何しろ同士たちの意識が高く、一級合格後も2度目、3度目の合格を目指して一級を受けている人が多々いることだし(私も一応これまでに2回合格している)、既合格者も見方を変えれば一緒に勉強する受験生でもある。それなら「誰か1人が教える、それを生徒がおとなしく受身で教わる」という方法を取る必要は無いのではないか、ベクトルが一方向になるようなやり方ではなく、みんなで一緒に「参加型」の勉強ができないだろうか、と思っていた。でもこれって多数の同士の参加が不可欠なのだ。その辺りがいろいろ揃わず・・・。まぁ次回はぜひ実現させたい。やっぱり3連休だと皆さんいろいろ予定もあるのだろうなぁ。でも連休じゃないと私のほうが体力的にキツイんだよね。

秋の英検まであと1ヵ月である。強化授業をやらないと、私自身がリスニングをまったくやらないことになってしまう。以前は仕事でも英語を聴いたり話したりしていたが、翻訳専任になってから、それこそ国際電話の一本を取ることさえないし、英語を聴く機会も話す機会もまったくない。翻訳に必要が無いので二ヵ国語放送なども聴かないし。ここ数年にしても、リスニング教材を用意する目的でBBCニュースを聴いたりはしていたが、それがなければリスニングなんて本当に何もしていなかったことになる。いずれまた1級を受けようという気持ちはあるのに、こんなんじゃリスニングがガタ落ちなんじゃなかろうか。。。

実は先日、派遣会社でTOEICの模擬試験のようなものを受けた。私はもともとTOEICが苦手である。英検でも長文読解で点を稼いできたタイプで、一文一文の正確な意味というよりも、全体をざっくり理解することを武器に合格したという感じである。単語も判らないまま受かっちゃったし。なので、短文をテンポ良く読み正確に理解しなければならないTOEICは私向きではない。実際、1級に受かったあとに受験したTOEICでも900点を超えることは出来なかった(=ついでに言うと、受験料が勿体無いし、どうせTOEICは苦手だしという理由で、それきり受けていない、つまり私はTOEICで900点を超えていないまま。。。この先も越えそうにない気がしている。1級ホルダーとしては少々恥ずかしい話であるが)。その苦手なTOEICの模擬試験である。久しぶりにリスニング。久しぶりに文法問題。うわー・・・。と思っているうちに試験は終わり・・・。

ひどい点数で愕然とした。あまりにひどくて生徒さんには見せられない!(・・・と言ってもコレ読んでいる人もいるし、どうせ私はバカ正直なので自分から話しちゃうから良いんだけど)。実際のTOEICとは設問数も時間も違い、採点は100点満点換算だったので単純に10倍すれば実際のTOEICの点数の目安になる。なんとまぁ84点だったのですよワタシは。本番だったらたったの840点・・・。本番で900点超えたことが無い私なので、880~890点くらいであれば実力維持と言えたわけだが・・・。本番で50点も落ちたことになる・・・。ちょっと(かなり)ガックリ。ちなみにリスニングも読解も同じ点数だった(=私は本番でも両方とも同じ点数である)。その意味ではリスニングだけガタっと落ちたワケじゃないのが多少は救いだけど、逆に言えば文法や読解が落ちてるってことだ! それってマズイじゃないのっ。・・・手を抜けば当然の結果として落ちるという現実を突きつけられた。でも1級を受けていた頃と同じ分量を読んだり聴いたりするというのは非常に難しいことだし、効率よく実力を維持していける方法は無いものかなぁと思う。ラクな道を探してはいけないんだろうけどね。

|

« 既存の訳 | トップページ | 第三回目 »

コメント

ぐわわっ!1級こそアタシは2度と受けたくないですよぉ。
TOEICと違って、期限がなくて本当によかったと安心しておりまする。

TOEICは1年半みっちり教えてましたので、英検よりはるかに得意ですよ♪
あの試験はテクニックがすべてです。
実際、さんざん教えた後に受けたら点数跳ね上がりました。

でも傾向変わってからはもう知りません。
変わる前に駆け込みで受けちゃったし。うしし。

投稿: とりじろう(♀) | 2006年9月19日 (火) 19:12

>あの試験はテクニックがすべてです。

みなさんそう言うんですよねー。回数をこなせばどんどん上がる、とも。でも回数受けるには受験料が高くて勿体無いし、第一、受けても面白くない! 英検は読解もリスニングもそれなりに内容が面白くて、読後感っていうのかな、試験の後に、ちょっとした本や雑誌を読んだような充実感みたいなものがあるんだけど、TOEICって本当に耐久力・持久力テストって感じで疲労感しか残らない・・・。うー、やっぱり苦手。点数アップのコツをあとでコッソリとりじろう先生にご教授願おうかな(笑)。

投稿: snowberry | 2006年9月20日 (水) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 既存の訳 | トップページ | 第三回目 »