« 納期破り | トップページ | 休日満喫 »

2006年8月19日 (土)

夏まつり

今日は地元で夏まつりだった。だから何だというわけでもないのだが、夏が苦手の私は大体いつも夏らしいことは何もせずにただひたすらダレているので、お祭りくらい見ても良いかなぁと思って出掛けてみた。夏バテというわけではないが、暑くて脳みそが溶けているので、日常のルーティン以外のことに対して何もヤル気がないし何の思考力も無い。お祭りと言っても本当に地元の小さな集まりで大したことをやるわけではないのは判っているが、まぁ、ヤキソバとビールで夏を味わうか、、、という非常にダレ切った理由で、夕日が差し込む電車でテンテケ実家へ。

実家の周辺には欅が多いので、とにかくこの時期はセミがものすごく多い。窓を開けていると、電話の声が聞こえないくらいセミの大合唱。夜に実家から自分のアパートに帰るときなど、あちこちにひっくり返ったセミが散乱しているので、踏まないように気をつけて歩くのが大変。毎朝きっと誰かが掃除していてくれるのだろうと思うが(そうじゃなければ昼間だってその辺にセミがいっぱい転がっているだろうが、昼間は見たことが無い)、頭上でわめきたてるセミの声も、夜に道端にひっくり返っているセミも苦手である。特に夜は。何しろ近づくと(近づきたいわけではないが、そこを歩かなければ進めないのだから仕方ない)、それまでおとなしくしていたのに、突然、断末魔の大騒ぎをするセミが多いんだから、、、。こっちが飛び上がりそうになる。アンタを襲うわけじゃないんだから黙ってひっくり返ったままでいなさい。

とにかくセミの大合唱の下で、負けずにマイクで司会者が何かをわめいている中(=誰も聞いていない)、小規模ながらバザーが行われ、焼き鳥、フランクフルトやカキ氷、おでん(夏なのになぜ?)など、食べ物はすべて100円、ジュースは50円、ビールが一番高くて300円(そしてビールが一番並んでいた、笑)、あちらこちらでご近所さんたちが好き勝手に食べ物を持ち寄ってプチ宴会状態。以前は盆踊りなんかもやっていたけれど、少子化の影響(?)なのか今はそれも無くなって、バザーと模擬店とゲーム大会があるくらい。それでもご近所同士のコミュニケーションを深めるには一役買っているのかな?

私は一足先にお祭り会場を後にして家でノンビリしていたら、母が残ったビールやら枝豆やらをドッサリ持って帰ってきた。夏は枝豆ですなー、ビタミンBを取らないとね。どんぶり一杯の枝豆を食べて夜10時過ぎに実家を後にした。駅に向かうまでにひっくり返っているセミが6~7匹ほどいた。そのうち2匹は目一杯最後の足掻きでバタバタしていた。カレンダーの上では残暑かもしれないけれど、セミの声が聞こえなくなるまではまだまだ夏だ。

|

« 納期破り | トップページ | 休日満喫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納期破り | トップページ | 休日満喫 »