« 腕用手袋 | トップページ | 寝溜める »

2006年8月 7日 (月)

登録用紙

あちこちで翻訳関係の方のブログやホームページや掲示板を拝見しているので、いつどこで見掛けたのか覚えていないのだけれど、トライアルの結果が郵便で届くと、中を開けなくても書類の厚みで結果が判る、というのをどこかで読んだ。トライアルが合格であれば、登録関係の書類がいろいろ入っているので封書が厚く、トライアルが不合格なら、ペラっと一枚の通知が入っているだけなので薄いということらしい。私は今までトライアルの結果はメールでしか受け取ったことが無いので、そういう経験はなかった。

で、今回、初めて郵便でトライアルの結果を受け取った。トライアルを受けて提出したのが2月なので半年も経っている。まぁ別に驚きはしないが。開封する前に、上記のようなことが頭をよぎり、ふーむ、コレを厚いというのか薄いというのか、どっちだろう・・・と思いながらも、どっちだって結果は結果だよなー、とサクサク開封。メールだったら一瞬で結果が判るけれど、郵便というのはこういう一瞬の時間差のようなものが味わい深くて面白い。いまさらドキドキしたところで(何しろ半年も経っているし、もう緊張感も薄れている、笑)、判定結果が変わるわけでは無いのだから。

開封して結果通知を見たら、5段階評価で結果はAとなっていた。合格したようである。他に、表現、正確さ、商品性などについて、細かく5段階評価がついているのだが、あんまり良くないんだよねぇ。表現力がオールB判定、正確さもほぼB判定、商品性には一部C判定も混じっているのに、総合でAになってる。なんかのマチガイ??? でも登録用紙が一緒にドサっと同封されているので、たとえ何かのマチガイであっても登録手続きをしてしまおう(笑)。

同封されていたのは登録用紙、誓約書、機密保持契約、翻訳規約、などである。ご時勢というのか、以前に比べて登録の際の書類の数が増えている。私が初めて登録した会社では登録用紙(住所や銀行振込口座などを記入するもの)と誓約書だけだった。今後、登録の際の書類はどんどん増えていくのかも知れない。そのうち、健康診断書を出せとか、最終卒業学校の卒業証明書を出せとか、身分証明書や住民票のコピーを出せとかになったりして? まーそんなことをしたらエージェントさんのほうが管理が面倒になるだろうからそこまでは行かないだろうけれど。書類の数が増えると正直メンドクサイと思わないことも無いが、それもこれも合格できたからこそだ、まずは合格させていただいたことに感謝。

|

« 腕用手袋 | トップページ | 寝溜める »

コメント

厚みの話、アタシ書いたなあ…。
その時はリアルに紙1枚分の厚さでした。はい。
合格したことないから、受かったときの厚さは知らないですけどね…。

住民票だか戸籍謄本(?)だか、提出させるところが既にあるみたいですよ~。万一何かあったとき、クライアントに出すとか出さないとか。信用されてないみたいでイヤですけどね…。

投稿: とりじろう(♀) | 2006年8月 8日 (火) 01:37

おお、とりじろうさんのところで拝見したのでしたか。でも他でも読んだような気がするんだよね、皆さん同じような経験をなさっているのかも。

>住民票だか戸籍謄本(?)だか、提出させるところが既にあるみたいですよ~。

ゲゲッ! もうそこまで来てるなんて。フリーランスという言葉のもつ印象が変わってくる感じがしますねぇ。正社員になるときの提出書類と変わらなくなっていくのかな。別にフリーランスなら身元不明でもオッケーという意味じゃないですけど(笑)、企業(=この場合はエージェントさん?)に拘束されるというか。世知辛い世の中ってことなのか、それとも今までが緩すぎたと思うべきなのか・・・。

投稿: snowberry | 2006年8月 8日 (火) 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腕用手袋 | トップページ | 寝溜める »