« イラスト | トップページ | へろへろ »

2006年7月 6日 (木)

スピーチ

外国人付きの秘書をやっていたときは、朝から晩まで本当に英語オンリーだった。日本語がまったく話せないボスだったので(もちろん、オハヨゴザイマース、コニチワ、アリガート、の3点セットは言えたが)、私が寝ぼけていようとなんだろうと、出社と同時に英会話スタート状態だった。あの日々は今いづこ・・・。仕事内容が翻訳にシフトしてから、もちろん読み書きでは毎日英語を使っているけれど、聞く・話すという英語力は見事に消え去った。あっという間に、高速エレベーターがストンと瞬間落下するように。どんなスキルも使わなければ錆び付くが、外国語を聞く・話す力の落ちる速度と来たら、あれだけ使っていたのにすっからかんに落ちるものだなぁと感心するくらいだ。

留学していた時よりも秘書時代のほうが英語をたくさん聞いたり話したりしていた気がする。留学時は、受身の授業に出席して教授の講義をせっせとノートに取るだけなので、自分から話すということは無かった。もちろんプレゼンテーションやディスカッションをバンバンやるクラスもあったけれど、そういうのはマーケティングやビジネスのクラスに多かった。スピーチやディベートのクラスは嫌いではなかったけれど、自分の順番のときにあらかじめ用意した内容を話すくらいなので即妙に答えるというのとは少し違う。いずれにせよ私は主に黙ってノートをとるだけでよいようなクラスばかり取っていたので、ほとんど英語を話すことはなかった。その頃から英会話は苦手だったし、今もやっぱり苦手である。

さすがに連日の2次スピーチ特訓は疲れる。私自身がスピーチをするわけではないのだから疲れるハズもないのだが、毎日残業状態と同じなので体が疲れる。でも受験する側はこの何倍も疲労しているだろう。全国の2次受験者さんたちも今ごろ最後の追い込みなんだろうなぁ。みんなこれを経て2次試験のスピーチに臨むのだ、ここで頑張らずにいつ頑張るのかという感じ。その分、来週はきっと気が抜けてドっと疲れも出るのだろうけれど。2次の特訓に欠かせないスピーチトピックは、同志たちの協力で総計70本以上が集まった。つまり70本分のスピーチができるということだ。1週間という短期間でこれだけの本数の特訓をする2次クラスなんて他にないんじゃないかと少し自画自賛。いやもちろん私のおかげではなく同志のおかげ。すでに50本近くを特訓で消化している。本番まであと2日。

年に3回の英検時期の2次スピーチ特訓は、今となってはすっかり錆び付いて使うこともほとんどない私の英会話力をちょっぴり掘り起こす貴重な機会でもある。これがなかったら、1年間1度も英語を話さない、なんてこともありうるかも。何しろ最近は会社のネイティブとも日本語で会話をしているくらいなのだ。さすがに今週は2次特訓のこともあって、自分から英語で話しかけてブラッシュアップにしているが。実は明日エージェントさんとちょっと打ち合わせがあるのだが、もしかするとネイティブが同席するかもしれないと聞かされていて、まさか英会話が必要になるのではとビクついているのだ。今日の2次特訓で、ちょっと積極的に英会話してしまった理由はそんなところにあるのであった。

|

« イラスト | トップページ | へろへろ »

コメント

英語は、日常使う人·使わない人、さまざまですよねぇ。
でも、必要な場面が来てしまったら、そういう
excuseを言っても始まらないワケで。
要は自助努力と、覚悟を決めるということに尽きるのかなぁ。

snowberryちゃんほど英語を喋れるヒトの思いがコレだもん。
オレのようなポンコツスピーカーは率先して自分から
話す機会を作らんとあかんです。うにゃ!

投稿: あるふぁ | 2006年7月 7日 (金) 03:14

>要は自助努力と、覚悟を決めるということに尽きるのかなぁ。

その通りですね! 覚悟を決めてあとは全力を尽くすってことか。あとはなるようになる、うん!

>オレのようなポンコツスピーカーは率先して自分から
>話す機会を作らんとあかんです。うにゃ!

なーにをおっしゃる。あるふぁ氏のパフォーマンスは素晴らしいですよ。伝わってくるものがあるんだよねぇ、その力に助けられることが多いです。助っ人力の高さには本当に目を見張りますです。

投稿: snowberry | 2006年7月 9日 (日) 03:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イラスト | トップページ | へろへろ »