« 一次結果 | トップページ | 日照時間 »

2006年7月 1日 (土)

長距離走

心肺機能が高く瞬発力のある人は短距離走向き、逆に持久力がある人は長距離走向き、と言われる。私は残念ながらそのどちらも持ち合わせていないので、スポーツ走者には向いていない。というより走るのも動くのも好きじゃないのだから、始めからまったく選択肢に入っていない。子供の頃に「スポ根もの」が流行ったけれど、私はスポーツも根性も好きではなかった。そのうえ、私がたっぷりと持ち合わせているのは皮下脂肪とグータラ心だけである。これではスポーツなどとんでも無い。

そんなわけで実際の長距離走にはまったく縁がなく、はるか昔の体育の授業のマラソンくらいしか経験も無い(距離なんて覚えていないけれど、たぶん3キロ程度ではないかと思う。フルマラソンなんてとんでもないし、24時間テレビの100キロマラソンってなんのことですか状態だ)。でも私は口癖のように言うのである。「英検一級は長距離走だからね」と。

子供の頃から周囲が英語環境だったとか帰国子女であるとか洋書や洋画や洋楽が大好きでそういうものばかりに慣れ親しんでいたとかではない限り、普通は、英検一級にはそれなりの対策をしてそれなりに集中的に勉強しなければ合格しない。ポンと一発で軽々と合格するという人は、居ない訳ではないけれども、かなり少数派である。大半の人は、年単位の勉強をして合格している。だから、長距離走という言葉がピッタリだと思う。マラソンは嫌い(というより、したことがない)私だが、一級合格に向けての長距離走だけはやったのだ、そして合格というゴールのテープを切るという意味では完走したと思っている。語学の勉強に終わりはないから、まだまだ道は続いているのは当然だけれど。

私自身は、自分のことを長距離走選手たちのコーチだとは思っていない。走るのは選手自身であり、走るための基礎体力(=単語力、読解力、聴解力、文章力)をトレーニングするのも選手自身の責任だと思っている。彼らの首に縄をつけて、私が無理やり力づくでゴールに向かって引っ張る気はないし、そんな力量は私にはないし、そもそも、そんなことをしても意味は無い。選手が自分の力で実力をつけて走ってこそ、合格に意味がある。私がするのは、メガホンを持って、「ガンバレ、ガンバレ」と声援を掛ける自転車伴走なのだ。同じ道を一緒に走り、半歩前から、こっちの道だよ、ここで曲がるよ、などと案内するチャリンコ伴走者だ。必死に手足を動かして前へ進むのは彼ら自身の力。私は横で応援するだけだから、コーチではないし師ではない。たまたま彼らよりも一足早く合格して、合格への道筋を先に経験した人間として、横から黄色い声援を掛ける役目だと思っている。長い道の途中で彼らが諦めてしまわないように、道を間違えないように、ガンバレガンバレと言い続ける役目。私のほかにも、お願いすれば何人もの同志が一緒に自転車伴走に付き合ってくれる。この長距離走、本当に味わい深い。

|

« 一次結果 | トップページ | 日照時間 »

コメント

この長距離走も7年目に突入しました(学生生活を超えてしまった!)。途中でしょっちゅう迷ったり、こけたりしていますが伴走のおかげで何とかその都度起き上がり正しい道に戻って走り続けられています。亀のようにのろいかもしれませんが走っている側から見れば伴走があるのとないのでは大違いです。伴走がなければとうの昔に諦めていたと思います。今後ともよろしくお願いします。

投稿: SRI | 2006年7月 1日 (土) 23:20

7年ですか! いや~もう、ここまで来たらゴールのテープを切るまで見届けさせていただきますっ。

>途中でしょっちゅう迷ったり、こけたりしていますが伴走のおかげで何とかその都度起き上がり正しい道に戻って走り続けられています。

わはははは、実感こもりすぎですヨ。でも、見ている側からすると、つまづいても不屈の精神で起き上がって走り続けている姿には本当に感嘆します。みんな、自分1人だけで走っていると思うと不安になるでしょうけれど、他にも一緒に走っている仲間がいて、隣には小うるさくメガホンで叫んでいる伴走者がいて(笑)、とにかくゴールを目指して進もう!と思ってもらえれば、私も少しはお役に立てているのだろうと思います。来期も頑張りましょうね!

投稿: snowberry | 2006年7月 2日 (日) 00:30

おお、なんと素敵な文章!!!
そうですよね、英検一級は長距離走ですよね。
私に英検問題集くださった方の中にはホルダーではなく、リタイアされた方もまじっています。
それだけ長い長距離走なんですね。
私も走り出しました!!
良かった、本当に走るわけじゃなくて。
私もスポーツは大の苦手です(^_^;)

投稿: ucho | 2006年7月 2日 (日) 17:59

uchoさんも走り出したのですね、ゴール切るまで止まれなくなりますよ~♪ このマラソン、中毒性があってハマります(あれ、そう言えばホンモノのマラソンが好きな方々も割りと同じこと言いますね? でもそっちは私も絶対にやりたくないですが)。合格後にもリピート受験する人が多いというのも英検1級の魅力をよくあらわしているかも知れないですね。

投稿: snowberry | 2006年7月 3日 (月) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一次結果 | トップページ | 日照時間 »