« へろへろ | トップページ | 電脳音痴 »

2006年7月10日 (月)

校正ミス

会社でやっている仕事でちょっと切れそうになっている。段取りが悪すぎて要領を得ない。派遣は言うなれば末端の末端なので(私が通っている翻訳クラスの先生は、訳語の検討などの質問をすると、「末端の一翻訳者ですから、そのあたりは翻訳会社によく相談して・・・」などとおっしゃることが多い。確かに翻訳者って末端なんだよなぁ。そして派遣はそこからさらに末端、という感じがする)、オンサイトで仕事をする以上、社員さんにこれやってください、と言われたら、黙って言われたとおりにやっていれば良いとも言える。でもねぇ、どう考えても手順が悪くて、やった仕事がそのまま全部無駄な作業になりそうなのだ。そりゃ、やれと言われればやりますよ。でもシーシュポスの岩じゃないんだからさ、無駄な仕事しても何にもならないと思わないんだろうか。例えるなら誰も食べる人が居ないのに大鍋いっぱいの料理を作れと言われて、作り終わったら鍋の中身を全部捨てるんだろうなと思いながら黙々と野菜を切っている気分だ(私の料理の腕がマズくて食べられないシロモノだから、という理由ではない)。なぜ無駄な作業と言い切れるかと言えば、それはもう、これが2回目だから。3回目の無駄な翻訳を頼まれたら、家に帰って寝ているほうがマシだと思いたくなるではないか。

先週は2次特訓のバタバタの余波の中、頼まれていたボランティア翻訳と校正も何とか仕上げて提出した。別件でやはり私が校正した遺伝子関係の文書で、ちょっと訳語の表現に引っ掛かるところがあるというご指摘を、同じボランティアスタッフの翻訳者さんからいただいた。その方は理系出身で、サイトに掲載された和訳と原文とを読み比べて、翻訳のおかしな箇所を指摘してくださったのだ。遺伝子関係の文書はやはり手ごわいので、管理人さんと私の二人三脚で何度も確認し、訳語を検討し合い、最終的にコレでいきましょう、と落ち着いたのだったが、和訳で言っている意味を本当に自分で理解しているかといわれれば・・・怪しい。怪しいまま訳しているのか!?とお叱りを受けそうだが、、、自分で正確に理解していないままに訳すのはやっぱり怖い。

指摘していただいた内容を再び管理人さんと検討し、最近サイトに新たに協力してくださることになった遺伝子をご専門にしている監修の先生に訳文をみていただいたところ、私の校正のおかしいところを指摘してくださった翻訳者さんと同じコメントをくださった(=つまり、やっぱり私の校正がまずかったのだ)。自分の専門知識の無さと訳語を適確に使い分けるセンスの無さにちょっとガックリ来る。専門家じゃないんだから仕方ないと管理人さんには慰めていただいたけれど。。。もしこれが仕事だったら、はい誤訳、はいさようなら、と言われるのだ。ガックリ来てないでなんとかしなきゃな・・・。

1年の大半は熱いお茶派の私だが、さすがに自宅で熱い飲み物を淹れることも少なくなり、冷たい物を飲みたいと思うようになってきた。購入した水だけでは足りないので(第一もったいない!)1日500mLのお水以外に飲む物に関しては、浄水ポットとお茶のパックでたっぷり作っておこうと思い、1年ぶりに冷茶用ポットを取り出した。今作っているのは、プーアール茶と雪茶のブレンド。雪茶にはほとんど味はないのだが、ブレンドすると独特の風味を感じる。自分で作るといろんなブレンドが楽しめるし、心置きなくタップリ飲めるのがありがたい。台所も夏仕様になってきた感じがする。

|

« へろへろ | トップページ | 電脳音痴 »

コメント

お久しぶり。たまに覗きにきても、長い文を読み切る気力が出ずに、数行だけ読み逃げばかりしていました(汗)。

2次特訓、お疲れ様でした!生徒さんたちに良い結果が出るといいですね。

さて、派遣の件。「無駄な」仕事をするはめになって気力が萎えるのは、よく分かります。私も何度もやってますので…。
でも何年も同じ会社の仕事をしてきて思うのは、確かに段取りが悪くてポシャっている仕事もあるけど、長い目で見ると部内の知識ベース向上に役立ってるのかなあと思うし、数年前にボツった訳文が後々に使えたりすることもあるので、最近は全然気にならなくなりました。
Snowberryさんのボツ翻訳もいつか日の目を見るかもしれないですよー。(^^)

投稿: pirucha | 2006年7月11日 (火) 04:46

piruchaさん、こんにちは~。ううう、メンテナンスのせいでレス遅くなってスミマセンっ。それにしても、お忙しい皆様にいつも長文を突きつけておりまして申し訳ありません・・・。これでも本人としては簡潔に書いてるつもりなんです、短くまとめるって難しいですね。

>長い目で見ると部内の知識ベース向上に役立ってるのかなあと思うし、数年前にボツった訳文が後々に使えたりすることもあるので、最近は全然気にならなくなりました。

そうなんですか!? そりゃ目からウロコ発想だわ。数年前にボツった訳文を有効に使えることがあるなんて・・・。ふーむ。長い目かぁ。ううううーーん。でもなかなかそこまで悟れないかも(笑)。だってやっぱり「無駄な作業をさせられてる」と思うと腹が立ってくるんですよねぇ。この案件が終わるまでは、カリカリしながら仕事する状態が続くのかも。。。

投稿: snowberry | 2006年7月13日 (木) 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« へろへろ | トップページ | 電脳音痴 »