« 校正ミス | トップページ | 暑すぎて »

2006年7月13日 (木)

電脳音痴

やっと48時間に及ぶニフティのメンテナンスが終わった模様。しかし長すぎですな、こんなのしょっちゅうやらないで欲しい。メンテナンスが始まる前に、その旨をブログに書いておこうと思っていたのにコロっと忘れてしまい、新記事アップでアクセスしたときにはすでにメンテナンスが始まってしまっていた。まぁ仕方ないか。

このところ分野の違う翻訳者さんたちと知り合う機会があり(IT系、特許系、金融系)、どのように翻訳作業を進めているかという話になったのだが・・・驚いたことにJammingもDDWinも使っていない(というか知らない)と言われてこちらが驚いた。IT系の方はもちろんトラドスを使用なさっているということだったが、それ以外の翻訳支援ソフトについてはほとんど何も使っていないし、知らないらしい。金融系の方は、証券関係の(紙の)辞書とオンライン辞書を使って仕事をなさっているとか。特許系の方は、オメガというフリーの翻訳支援ソフトを使っていらっしゃるそうだが、やはり辞書は入れていないようだった(この方はネイティブなので、また事情が違うけれど)。業界が違うと必要な作業ツールもいろいろ違うのは当たり前だけれど、仕事として翻訳するにはハード格納型の電子辞書は必携!と思っていた私は目が点状態だった。というより、電子辞書ソフトを知らない翻訳者さんがいるというのはちょっと驚きでもあった。辞書や用語集がなければ翻訳できない、だからパソコンの中に辞書が入っていて当然、と思うのは、医学用語という特殊な(=普通の人の日常生活ではお目にかからない)言葉が頻出する分野だから仕方ないのか、それとも分野とは関係なく、私が(パソコン好き人間ということは別にして)機械に頼りすぎなのか・・・。

私が自分で使っている辞書や翻訳支援ツールの話をしたら、IT系の翻訳者さんまでが、電脳音痴なので全然知らなかった、とおっしゃった。IT翻訳なんて、まさにパソコン系の仕事なのにそんなこと言わないでくださいまし。でも、こういうのって無ければ無いでどうにかなるんだろうけれど(=つまり、知らなければ、自分の作業手順にもなんの疑問もいだかないものかも知れない)、使い始めたら手放せない。洗濯板しか知らなければ、それで洗濯することに何の疑問も不都合も感じないかもしれないが、洗濯機が登場したら洗い桶と洗濯板で手作業なんかやっていられないと思うだろう。職人気質というのか、洗濯板できれいに洗ってこそ洗濯だ、洗濯機なんて邪道だ、と思う人がいるかもしれないし、翻訳支援ツールに頼り過ぎた翻訳なんて翻訳じゃない、と言う人もいるかもしれない。でもそれが時代の流れという気がする。電子辞書があるのにわざわざ紙の辞書を使う必要性を私は感じない。便利なものがあれば取り入れれば良いし、無くても困らないという人は使わなければ良い。

先日読んだメルマガにオメガのことが書かれていた。パソコン周辺アイテム(ソフト含む)好きの私としては、これにはかなり興味を持っている。ついに翻訳支援ソフトに無料版が登場、という内容だった。これを機に、各種翻訳支援ソフトの値段が少し下がらないものかなぁ。別にこれ以上アレコレ使いたいわけではないのだが、選択肢は多いほうが良いし、使い比べることで初めて見えてくる特徴などもある。作業環境を改善するアイテムは次々と登場しているのだし、やっぱりこの仕事、電脳音痴のままでいるよりも、アンテナを張って好奇心を持っているほうが面白いと思うな。

|

« 校正ミス | トップページ | 暑すぎて »

コメント

>こちらが驚いた

もしかしたら、結構ベテランの方々?
ご自分のやり方を確立してしまうと、新しいツールを
導入するのって面倒なのかもしれませんよね。

やはりベテランの翻訳者(ネイティブ)で、電子辞書すら
お使いになっていない方がいて、驚いたことがあります。

しばらくして「やっぱり電子辞書、買おうかな」と
おっしゃるので「おおっ」と思ったら、
「だって電子辞書なら文字を大きくできるでしょう?」
だとか…(←老眼で細かい文字は苦しかったらしい)

> 先日読んだメルマガにオメガのことが

オメガは初めて知りました。
情報ありがとうございます(嬉)!
私もそういうツール系は好きです。

投稿: まめぞう | 2006年7月14日 (金) 19:32

そうなんですか~意外ですねー。びっくり。
私もパソコンあまりできないんですが、翻訳=パソコンというイメージがあって、翻訳をやるためには英語力に日本語力、パソコン力まで上げないと~と一人で焦っていたのですが、パソコン音痴でも翻訳されている方がおられるというのを聞いてすこし安心しました。(いや、でもパソコンもちゃんと勉強しますよ~)
snowberryさんはパソコン好きなのですね♪
ということは何かパソコンのことで質問ができたらずうずうしくsnowberryさんに伺っちゃうかもしれません♪
覚悟してください(笑)

投稿: ucho | 2006年7月15日 (土) 16:47

>ご自分のやり方を確立してしまうと、新しいツールを
>導入するのって面倒なのかもしれませんよね。

あ、まめぞうさん、それは鋭い意見かも。金融の方は社内翻訳10年で、ご自分のやり方を疑問に思ったことも無かったとおっしゃってました。

>「だって電子辞書なら文字を大きくできるでしょう?」

きゃーーー!(バンバンバン!=私がヒザを叩く音) ちょっとソレ最高ですね!(笑) オフィスにFAXが登場したころに、薄くて平ぺったいものなら送れます、と言われてスルメを送ろうとした人が居る、というエピソード並みにすごい。

オメガ、私はまだチェックしていないんですが折を見てインストールしてみるつもりです。まめぞうさんもお使いになってみたら使い勝手など教えてくださいね♪

投稿: snowberry | 2006年7月16日 (日) 02:22

>私もパソコンあまりできないんですが、

えっ、uchoさんは随分パソコンを使いこなしていらっしゃると思いますよー。写真とかすごくキレイにアップしてるし・・・ってそういう使い方じゃないですか、わはは。

翻訳に限らず、パソコンの機能って実際に必要に迫られて操作をしない限り、どんなふうに使えばよいのか今一つピンと来ないところが困りますよね。支援ツールだけじゃなく、ワードにしてもエクセルにしても、例えば自動で目次を作りたいとか、こんなグラフを作りたいとか、こんなマクロを組みたいとか、実際の作業なり仕事なりがあるからこそ、具体的な操作が出来るんですけど、それが無いと漠然としすぎて覚えられない。でも、今は本当に次々と便利なものが出てきているので、試せるものはどんどん試したいなぁと思ってます。私でお答えできることでしたらどんどん訊いてくださって構わないですよ~。でも使い勝手は自分の好みが一番大きいと思うし、実物を見ないと判らないことが多いですよ。私なんて、見た目の色合いの違いという理由だけで、JammingよりDDWinのほうが好きなんです(笑、翻訳者さんは圧倒的にJamming派が多いみたいなんですけどね)。

投稿: snowberry | 2006年7月16日 (日) 02:23

ご紹介のomegaT、インストールしてみました。
かちゃかちゃいじろうとしたけど、
目がちかちか、めまいがぐるぐるで味わう前に
ストップしてしまいました。
もうひとつ違うフリーソフトみつけたけれど
そっちよりもバックアップサービスが充実している
ように見受けました。
見ただけよ。
まあ、もう1つのほうはリリースしたばかりだから
問題発生しても仕方ないかな。
29日の勉強会、30日のセミナー、
試験で死んでいなければ行くと思います。
そのときはよろしく~。

投稿: ゆりこママ | 2006年7月16日 (日) 23:08

Sunのフリーソフトはすごい勢いですよね。これからも要注目って感じです。私も週末はパソコンの中身を整理したり、新しいソフトを試したりしたいんだけれど、パソコンの中よりも目の前の散らかりまくった部屋の中をどうにかするほうが先で・・・(苦笑)。切羽詰ってからでは困るのに、ソフトに関してはついつい必要に迫られてから慌てて試す羽目になることが多いんですよ。困ったもんだ。

セミナー、私もすごく行きたいと思ってます。まだ申し込んでないんだけどね。

投稿: snowberry | 2006年7月17日 (月) 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 校正ミス | トップページ | 暑すぎて »