« 文字化け | トップページ | 文の重さ »

2006年6月 7日 (水)

遺伝子型

ミーハーな話題でスミマセン。ニュースで取り上げられたコンビニ販売の「遺伝子型ダイエット弁当」。ヒト遺伝子のわずかな違いであるSNPで、3つの肥満のタイプに分けて、タイプごとのお弁当を提案、というもの。ほんとーに効くんでせうか。いや、そんなもんに頼らないでも自分でちゃんと日々の生活管理&食管理をしていれば、他力本願にならずに健康を維持できるハズ。判っているのにそういうニュースを見ると、えっ、なになに?と思ってしまう自分が情けない。ナチュラルローソン限定らしいので、近所にナチュローのない私には入手は難しいが、でも買ってみたいとか食べてみたいというよりも、どんなシロモノか「見てみたい」(笑)。まさしくミーハー。ちなみにナチュローはとても好きである。置いてある商品はやはり一風変わったものばかりで、おやつ類やスナック菓子でさえ、ちょっとその辺のお店とは置いているものが違う。パン類はちゃんとベーカリーになってて焼きたてパンが置いてあるし。おでんの中にはトマトが入っているし(笑)。ウチの近所にもナチュローが有ったら楽しいんだけどなぁ。

数日前から頭の中で遺伝子だの細胞だの免疫だのがグルグル言っている。分子生物や感染症関連のレポートをやっているからなのだが、いやはや、私の脳みそって思っている以上にザルなんじゃないかしらん、と思ってしまう。読んで判ったつもりになっても、読み進めると実はロクに判っていなかったことが判明してしまう(涙)。SNPだって間違いなく習ったんだよね。クリニカルバイオインフォマティクスの講座を取ったときに、ちゃんと理解して、自分でも「おお、判った!」と思ったことは覚えているのだ。でも今ここで説明しろといわれたら言葉に詰まる。PCRの実験だってやったのに、一度やっただけでそれっきりだと簡単に忘れてしまう。医学翻訳とバイオ翻訳はベツモノではあるけれど共通項だってあるのだし、バイオに関する知識がちゃんとあれば、まさに最先端分野だし、エキサイティングできっと面白いだろうなぁ。でも悲しいかな、何しろ面白さを味わうための基礎知識がザルからどんどん落ちていってしまうのだ。ナントカせき止めなきゃならんなぁ。

話はまったく変わりますが。このところちょっとアレコレ心理テストをやって面白がっている。質問数が少ないのに意外にかなり当たるので、やってみてはゲラゲラ笑っている。「精神的に非常に若いが肉体的にはかなりマズイ状態」だの、「イライラしたときのストレス解消はとにかく寝ることが一番。寝てすっきり目覚めたら大概のことはケロっと忘れていられるタイプ」だの、なんでそんなことが判っちゃうのー?という感じである。唯一まったくハズれてるなぁと思ったのは「セクシーな魅力満載」という結果だな(これを読んでいる方も一緒に爆笑していることでしょう)。おヒマな方はお試しください(前者は女性向けなので男性は質問項目が合わないと思われます。後者は男女どちらもOKですが英語版のみ)。

ヤフーの心理テスト
http://style.beauty.yahoo.co.jp/fortune/psychology/psy?ty=b&pg=1

こちらは海外サイトで見つけたもの(英語のみ)
http://www.rateyourself.com/

|

« 文字化け | トップページ | 文の重さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文字化け | トップページ | 文の重さ »