« 無事発掘 | トップページ | 方向転換 »

2006年5月 4日 (木)

無我無中

これを読んでいる良い子の小中学生の皆さんは「無我無中」などという言葉を覚えてはいけません。って小中学生が読んでいるわけは無いと思うが。無になり、無の中に居る、である。夢の中ではなくて。まぁどの辞書にも載っていない言葉だが。日の出の前の薄暗い部屋で弾いていると、楽器のパネル上に点滅するインジケーターがプラネタリウムの星のようでなんともきれいだ。弾いていると本当に無になる。余計なことを考えると手が動かなくて弾けないので、ひたすら次の音のことだけを考えて手を動かす。一曲弾き終わると、その間だけ自分は無の中にいるのだと気が付く。もっと上手にマトモに引けたらヘッドホンをせずに弾きたいなぁとも思うけど、、、それはご近所迷惑だからやめておこう(笑)。それにしても悲しいかな、楽譜がまだ見当たらないので弾きたい曲が弾けない。楽器でストレス解消のハズが、見当たらないー!という新たなストレスを作ってしまった。アホな私である。

本日も朝から(というか夜中から)2時間ほど弾いて気分転換した後、再び教材作りに取り掛かる。恒例のエコノミスト一気読み。しかしこれまたストレスフル。すべてパソコン上の作業なので目も疲れる。かといって印刷するのは余計に手間だしそんなことをしようとも思ってはいないのだが。多分今一つ作業がのらないのは寒いからだ。コタツを片付けてしまったので明け方が肌寒くてよろしくない。でもコタツを再セットアップしたら絶対に布団にもぐりこんで寝てしまうよなぁ。GWに入って案の定完全に昼夜逆転状態になってしまっているのだが、まぁ、それはそれで良い。読解と単語は作り終わったので、あとは最重要のリスニング教材作りだ。まだ時間の余裕があるのでノンビリ構えていられるけれど、どうも作業効率が悪いし勘がよくない。勘というのは、ザザっと教材をスキャンしながら「これだ」とあたりをつけたものを聴いたり読んだりして、大体レベルや内容の面白さなどがちょうど良いかどうかということなのだけれど、どうもこれがこのところ上手く働かない。上手くいかないと、ストック記事を片っ端から全部読んだり聴いたりして使用するものを選ばなければならなくなる。ハズれた内容の記事(=やたらと政治色が強い記事、記者の主張が強すぎる記事、使っている単語が特殊すぎたり英検向きではない記事、など)を教材にするわけにもいかないし。そんな時間も労力も掛かることをするのは大変なのだが、勘が働かなければそうするしかない。ゲッソリ疲れる。それでも読解の場合は片っ端から目を通すとは言ってもいわゆる「ナナメ読み」をして短時間に大量に処理できるが、リスニングは。。。聴くしかないからねぇ。基本的にみんなにスクリプトを配布できるものを選んでいるので、原稿を読んじゃえば早いのだが、話すスピード、話し方のクセ、間合い、掛け合い(話者が2人以上居る場合、どれくらい言葉が被って聴きやすさが変わるかなど)は実際に聴かないと判らないから、やはり最後まで聴かないといけない。リスニング教材作りで勘が働かないとえっらい大変である。このところ私は脳みそが鈍っているのだ。鈍い頭でアレコレやっても無駄なので適当に切り上げて続きはまた少し時間を空けてからやるとしよう。

今日も良い天気だ。昨日は布団やタオルケットやカバー類をせっせと干した。干した後に贅沢に昼から風呂に入ったら風呂で寝てしまった・・・。今日はカーテン類を洗濯するかな。ベランダが狭いので一度にアレコレ干せないのである。まぁカーテンは洗ったらそのままカーテンレールに下げちゃえば乾くとも言えるけれど・・・(どうせポリエステルだしね、化繊はすぐ乾く)。さて、洗濯洗濯。

|

« 無事発掘 | トップページ | 方向転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事発掘 | トップページ | 方向転換 »