« 拾い読み | トップページ | 読書月間 »

2006年5月 1日 (月)

改修工事

そういえば毎年GW期間中にとても暑い日があって、あわてて半袖を出したりするのだが、それはせいぜい1~2日のことで、再び涼しくなって長袖のカーディガンなどを引っ張り出すのだ。今年も5月に入った途端に夏日だという。私はせっせと組み立て家具と格闘して2年ぶりの部屋の模様替え兼気合を入れて大掃除。せっかく好天が続くようだし、カーテンやカバー類も一気に洗濯して気分転換を図ろう。

実家で改修工事が行われている。30棟を超えるマンション(英語やってる人間の感覚としてはアパートと言いたくなるんだけどね)が立ち並ぶ文字通りの集合住宅地なのだが、10年単位で大掛かりな改修工事をしているようである。今年はそれにあたっているため、棟をすっぽり覆って外壁の補修や塗り直しをするらしい。1棟あたり平均3ヵ月かかるらしく、その間、一切窓を開けられないのだそうだ。10年前にもそんなことやってたっけ???それとも私はそのときはもう1人暮らししてたのかな?あんまり覚えてないんだが・・・。2月から改修工事が始まり、棟ごとに順番に進んでいくのだが、私の実家が入っている棟は4月中旬スタートで6月下旬までということになっているのに、これがまだ始まっていないのである。ということは終了時期もずれる。窓が開けられない夏・・・。ベランダにモノを置いてはいけないことになっていて、鉢植えやら物干し竿もすべて部屋の中に引越し。しかも、クーラーを稼動させてはいけないことになっているのだ。今はいいけど・・・6月や7月になったらどうすんの! 私以上に純青森産の母上は湿度が大の苦手である。雨季に入るとすぐにエアコンのドライスイッチを入れる人なのだ。今年の夏は遅く来ますように・・・。そしてあまり暑くありませんように・・・。でも冬が寒かったからきっと猛暑なんだろうなぁ。うーむ。

工事自体はまだ始まっていないが、その準備として棟の周りに足場を組み上から下まですっぽりと幕(と言っていいのだろうか?布・・・じゃヘンだし)で覆われている。ケヤキの多い自宅近所は夏が来るとセミがすごい。ベランダにもガンガン入ってくる。「この覆い、良いね~、工事が終わっても9月くらいまでそのまま覆っていてくれたら、今年はセミが入ってこなくて済むじゃない?」と母に言ったら、セミより鳩がうるさい!という。鳩?なんで? 棟を覆っている布幕は言うなれば貫頭衣のようになっていて上は開いているのだが、そこから鳩が入ってきて、出口が無いため(上に戻らなければ出られない)、棟の周りを出口を求めてグルグル回っているんだそうだ(笑)。ちょっと見てみたいぞソレは(笑)。でもまぁカラスじゃなくて幸いだな。もともとカラスはそんなに多くない場所なので心配は要らないのだろうけど。

GWが終わったら本格的に工事が始まるのだろうか。無事に3ヵ月で終わってくれるのかな。さて私もそこまで大掛かりではないけれど、このGW中にコタツを片付けたり、夏に備えてベランダにすだれを用意したりしよう。気分的には私も部屋の大改修工事をする心積もりなのだ。がんばろっと。

|

« 拾い読み | トップページ | 読書月間 »

コメント

そうだね、私も前はよくGolden Weekに衣替えをしていたな~。でも最近はコートとか、大きなものは洋服ダンスの奥に吊るしっ放しだし、半そでは箪笥のどこかに入っているし、、だいたい、オフィスは冬暖かくて、夏はクーラーで逆に涼しいときているから、一年中ほとんどスタイルが変わらなくなったのよねぇ。。 それと同時に本格的な衣替えはしなくなってきたなあ。。

子供の時は、夏は半そで、あるいはノースリーブで、キュロットスカートか、短パン、冬は厚いフランネル(っていうの?)か、
セーター、それにアツギのタイツが絶対必要だったから、今は楽と言えば楽ちん。

私もGolden Weekに大掃除くらいしなくっちゃ、うん。。
今やらないと、また年末までやりそうにないしね(笑)。

投稿: ぷりん | 2006年5月 1日 (月) 20:48

ぷりん嬢、ようこそ(笑)。GWはお掃除にちょうど良い気候だよね、暑すぎず寒すぎず。日数もそれなりにあるから洗濯もお布団干しもしっかり出来るし。

ぷりん嬢はホント1年を通してあまり洋服の変化が無いのよねぇ。冬場もモコモコ着てることがないじゃない? よくそんな薄着してられるよなぁといつも感心しております。やっぱりカプサイシンのおかげなのかしら?

投稿: snowberry | 2006年5月 1日 (月) 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拾い読み | トップページ | 読書月間 »