« 歩け歩け | トップページ | 五月晴れ »

2006年5月13日 (土)

入力速度

私が留学していたころはまだパソコンが一般に普及はしていなかったし、個人で所有しているという生徒もほとんど居なかった。レポートを提出するためには学校のコンピューター室にこもり、40台ほどのパソコンがズラリと並ぶ中の一台に陣取って、コーヒーやドーナツを片手にさながら篭城のようにひたすらその場でパソコンと格闘した。大学院の授業を取っている日本人の中にはワープロを持っている人も居たけれど(何しろ富士通オフコンの時代である。ワープロは書院だの文豪だのが全盛期だったころの話なのでノートパソコンなど登場もしていない)、レポート提出にはやっぱり一緒にコンピューター室にこもる方が多かった。そんなお1人のYさんは弾丸のような速度でキーを叩く人だった。入力速度を伺ったところ、大体1分80ワード以上という。すごい速さである。私もそんなに遅いほうではないつもりだったが、Yさんがキーを叩くスピードにはまるで敵わなかった。

その後、派遣会社に登録する際に何度かスキルチェックで自分の入力速度を測る機会があり(違う派遣会社に登録するたびに、似たようなスキルチェックをするので正直うんざりしたものだが)、私の場合は1分60ワードということが判った。でもこれは英語の入力だから日本語だとどれくらいかは判らない。日本語入力速度のチェックというのはしたことがないので。英語の入力速度(WPM)を日本語入力に変換するとどれくらいになるのかも知らないのだが(あるいはもしかすると変換式みたいなものがあるのかな? あとで探してみよう)、仮に英単語1語につき5字くらいと考えると、私は1分に300キーを打っていることになる。ということは日本語ローマ字変換(仮に2キーで1文字の入力)とすると、1分間に150字の入力となる・・・のかな? 計算上では10分で1500字の入力ということになる。

つい先日、いつもの定例会メンバーと深夜にメールのやりとりをしていたとき、ちょっとしたパソコンの使い方を質問された。このメンバーはみんな深夜族でメールのレスも早い(=というよりチャット状態で返事が返ってくる)。そのときも、パソコンの向こうで返事を待っていることが判っていたので、すぐに詳細な方法を書いてメールを出した。向こうは向こうで、メールを受信して書かれている通りに操作をして、うまく行った旨のメールが10分も経たずに返ってきた。私の周囲の人たちとは大体こういうやりとりが多いので、私にメールを送ればすぐに長々と書かれた返事が返ってくることを知っている人が多い。でももちろんそんなことを知らない人だって居るわけで、私がブログを書くにあたって一体どれくらい時間を費やしているのかと訊かれたことが何度かある。まぁ、、、訊きたくなるのも判りますけどね、人によってはウンザリするほど長い、と思うんだろうなぁという自覚はあるので。別にどれだけ時間掛けてたって構わんじゃないかとも思うが、答えるとすれば「大体10~15分」である。例えば上記のパソコン操作の方法についてのメールは、自分では普段から無意識に操作しているウィンドウを表示させてみたり、コマンド名を確認したり、一通りの操作をして確認しながらメールを打っていたので普段より入力に時間が掛かっていたのだろうと思うが、質問を受け取ってから15分以内には返事を送信していて、書いた文章は優に1600字を超えていた。パソコン操作を確認しながらという手間がなければ(つまり普通の文章の入力だけなら)当然もっと速いだろう。

そういえば英語学校時代に、学校のホームページの掲示板にちょくちょくカキコミしていたのだが、ある日の授業で、非常にデキるクラスメイトのMさんに、「あんなに長々と書き込むヒマがあったら単語の一つも覚えなさい!」と言われたことがある。Mさんは自分に厳しいタイプの方で、会計士としてバリバリ仕事をなさりながら寸暇を惜しんで勉強しているという感じの方だったので、私がグータラのんびりやっている姿をみて、親しみをこめて叱責してくださったのだと理解している。そのころも今も、まぁ確かに長々と書いてるけど、、、でもだからって、その10分で単語を覚えたからと言って合格するわけでもないからなぁ、と思っていた。Mさんはその10分を単語の学習に充てたいと考える方だったのだろうし、私は別のことをしたかったというだけの話。モノゴトの優先順位というほど大層なものではないけれど、何事も自分の尺度だけでは測れるものでもない。長々書くことが、イコールものすごく時間を掛けているということには全然ならない。でももっと速く正確に打てるようになりたいとは思っている。Yさんの入力する姿がすごくカッコよかったのだ(笑)。いつかタイピング検定とか挑戦してみようかな。1分80ワードって言えたらカッコいい(笑、ミーハーな自分である)。

後記:Mさんは会計士ではなく税理士でした。

|

« 歩け歩け | トップページ | 五月晴れ »

コメント

ははー、Mさん、なつかしーお名前ッス。
彼女は会計士というより、税理士というべきでは
なかったかしらん?

文章入力は、まー、速いにこしたことなかんべな。
ただ、オレの場合は速く書いたところで内容が無い、
あるいは意味不明で終わっていることが多いので、
速く沢山かくだけ世間の迷惑になっとるところアリ。
そのあたり、snowberryさんは質・量ともに
充実した文章が書けて、すばらしいです。
見習わねば…。

投稿: あるふぁ | 2006年5月14日 (日) 07:34

あるふぁ氏、初カキコミありがとうございます~。というか来ていただけると思いました(笑)。

>彼女は会計士というより、税理士というべきでは

あ!!! そうでしたね、なんか違うなーと思ってたの。会計士、経理士、あれ~なんだっけ、みたいな。経理・財務・金融分野にはホント弱いのですワタシ。Mさんとは2年くらいはメールのやり取りがあったけど、大学院に行かれたという話以降は音沙汰ないんですよねぇ。お元気かしら。

>速く沢山かくだけ世間の迷惑になっとるところアリ。

そんなことないでしょ。キーストロークも標準よりはずっと速いと思うし。なんていってもコマメだし(結局はこれがポイントなのかもね)。

投稿: snowberry | 2006年5月14日 (日) 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩け歩け | トップページ | 五月晴れ »