« 改修工事 | トップページ | 無事発掘 »

2006年5月 2日 (火)

読書月間

「本を読むのが嫌いな作家は居ないが、本を読むのが嫌いな翻訳者が多いのは驚くべきことだ」というのを何かで読んだことがあって、はぁスミマセン、それは私のことですか、と思ったことがある。嫌いなわけではないけれど私はほとんどまったく本を読まない。去年何か本らしい本を読んだっけ?と思うくらいだ。まぁ友達に言わせれば何を「本」と定義するのかによって解釈が違ってくるし、私も人並みに読んでいる部類に入るらしいけれど。でもねぇ、仕事でペラペラめくっている類の本は読んでいるとは言わないし、ストーリー仕立てがマンガですかぃ?と訊きたくなるようなのも本とは言わないし、タレント本は言うに及ばずだしエッセイも本とは言わないと思っちゃうんだよね。じゃあ何を本というのかと訊かれても答えられないんだけれど。

本らしい本を一番たくさん読んだのは中学生のころで、昼休みに図書室で借りた本を午後の授業の合間や帰宅後に読み続け、寝る前には読み終わって翌日の午前中にパラパラ読み返したりしながら昼休みに返却しに行き(図書室は昼休みと放課後のみ開館だった)、また新たに1冊借りていくという毎日だった。当然図書カードはどんどん更新されていった。でも高校のときは昼休みは部活だったし、私の場合、読み始めると他のことができなくなってしまうタイプなので、読書に没頭できるようなまとまった時間がないと読めないことが判り、どんどん他のことが優先されるようになってしまった。指輪物語を読んだときは4日間ほど読書と睡眠以外ほとんど何もせずに6冊読みきったし(ちょうど無職のときだったのよね)、アルジャーノンを読んだときはすぐにビリーミリガン、サリー、クローディアを買い求めに行ってしまったし。のめり込むタイプなのである。腹八分目という言葉を知らんのかね私は。栞というものの使い道が無い読み方なのだ。

でも先日も書いたように、最近の私は毎日バランス栄養食のみ食べているような生活(=これはあくまでも比喩です!といっても、まぁ私の食生活自体も似たり寄ったりだが)。で、このGWはまさにまとまった時間があるじゃないの、というわけで、友人N氏から借りっ放しの本を読もう。前々回の定例会のときに借りたので、もう3ヵ月もそのままにしている。元ダーリンから借りてる本も2ヵ月もほったらかしにしている。じゃあついでだから今月はちょっと読書月間と洒落込むか。拾い読み以外の読み方、文章の味わい方を忘れてしまいそうなのだ。

大型連休とは言っても合間の平日にはちゃんと翻訳エージェントさんはお仕事なのだな。連休明け納品の仕事の打診があったのでお引き受けした。まぁ休みを全部潰すような分量でもないし。明日からの連休中に、お掃除&洗濯の続き、英検の教材作り、楽器とのご対面(=まだ発掘作業終わらず・・・)、そして今日いただいた仕事をして過ごそう。このGWは毎日ピーカンでお天気が良いものだとばかり思っていたけれど、今日のすさまじい雷雨で「家中のものを洗濯するぞキャンペーン」は中断。このところ毎日のように地震もある。さっきの揺れも結構大きかった。積み上げている本や雑誌やビデオテープが崩れ落ちてこないうちにちゃんと片付けなくちゃ(笑)。

|

« 改修工事 | トップページ | 無事発掘 »

コメント

私も久々に先日小説たるものを読みました。
そのことについてはブログに今度書こうっと(*^_^*)
でも翻訳者って本読まない人多いんですか!?
私もそんなに読む方ではないと思うけど、
以外に普通の人はもっと読まないかもしれないですよね。
私の友人とか本読んでる人意外に結構少ない・・・。

投稿: 微子 | 2006年5月 2日 (火) 21:00

そうですね~、たぶん本を読むのが好きな人とそうではない人の読書量には大きな開きがあると思うので、国民の平均読書量などを出そうとするほうがムリがあるんでしょうね。

私の周囲には三度のメシより読書が好きという人が多くて、本当に四六時中いつでも本を読んでいたりするので、ついつい私って全然本を読まないなぁと思わされちゃうんですよ。

投稿: snowberry | 2006年5月 2日 (火) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改修工事 | トップページ | 無事発掘 »