« 伝統芸能 | トップページ | 訳文校正 »

2006年3月 2日 (木)

ラジオ体操

弥生三月は冷たい雨から始まった。通勤電車の中での長い傘って邪魔で仕方が無い。というわけで宮仕えは続くよどこまでも~。さっそく新しい職場にお勤めする私であった。一ヶ月ほど前にオンサイトの論文翻訳の仕事ということでトライアルを受けたところが決まったのだ。医学分野の翻訳の中で私が一番やりたいと思っているのが論文翻訳なので、その仕事が出来るというのはとても嬉しい。

今までは面接ではいつもパソコン環境について質問していたのだけれど、今回は何も質問しなかった。多かれ少なかれパソコンが整っていることはいまや常識だし、それに辞書があるかどうかを訊いたところでほとんど意味を為さない。今回は翻訳という職種で募集しているのだし、ある程度はそろっているだろうと勝手に推測。なければ自分の辞書を持っていけば良いだけの話だ。以前は自分の手持ちの辞書がそんなに揃っていなかったこともあって、そういう質問をしていたのだが、今は一通り自分で持っているから、「箱」としてパソコンさえあれば、中身は自分で用意できるし企業側に揃えて貰わなくてもなんとかなると思うのである。

が、今回は逆の意味で裏切られた。辞書が揃っているどころの話ではない。箱(=パソコン)はちょっと古めかしくて、スペックもあまり高性能な感じはしなかったが、中身の充実度が過去に勤めたことのある企業の中では群を抜いていた。何しろ翻訳支援ツールが入っているのである。パソコンを立ち上げて、最初にデスクトップに見慣れた虹色の羽マークが見えたときには「うわぉ!」と思わず声が出た。まさかコレが入っているなんて!それ以外にもMedTrancerまで入っていた。ありがたやありがたや。翻訳環境、整いすぎ。これでお仕事が捗らなかったら許されないね私。がんばろうっと。

それにしても超純ジャパなドメスティック企業。午後3時にオフィス内に何やら懐かしい曲が流れてきた。こっ、これはまさか、もしかして! そう、ラジオ体操である。うわああああああ、イマドキ午後3時にラジオ体操やる会社なんてあるのぉ!?と思ったが、皆さん作業の手を休めて立ち上がる。私も郷に入ってはナントヤラなので一緒に立ち上がって・・・十数年ぶりにラジオ体操を踊って、もとい、運動してしまいました。そういえば二十代のときに2年ちょっと勤めた純ジャパ会社も、午後3時にラジオ体操をやってたんだっけ。確かに肩こり緩和には良いんだろうなぁ。でも私のラジオ体操はどう見てもヘタクソな盆踊り以下にしかなってないだろうな。

|

« 伝統芸能 | トップページ | 訳文校正 »

コメント

ラジオ体操、体に良いのですよ。あのクラシックな往年の体操は良く出来ていてね、真面目にしっかりやると、ストレッチにもなるし良いのよ。ぎゅーっとゆっくり筋肉を伸ばすとよいですわ。しかし論文翻訳かっこいいな。お仕事がんばってね。

投稿: yeeyore | 2006年3月 2日 (木) 21:14

そうなのよね、ストレッチって凝り固まった体には一番大事なのよね。でもまさかラジオ体操なんて思っても居なかったので、すっかりヌクヌク着込んでいたため(しかも初日だから一応カッチリとジャケットなんぞを着ていたし)すごく動きづらくて、余計にぎこちない盆踊りになっちゃった。判っていれば、多少動きやすい服装で・・・と意識もするんだけど。とりあえずこれからは体をグルグル動かせる程度の服装をしていくつもりです。

論文翻訳って言葉だけ聴くとカッコ良い感じがするけど、私が訳すレベルはまだカッコ良さとは程遠いのよ。それよりマダムがル・モンドをすらすら読んでいる姿のほうがよっぽどカッコ良いわ~。

投稿: snowberry | 2006年3月 2日 (木) 21:54

わ~♪春らしくていいね!
(表紙?の話)

あ、転職しましたか。
(もうびっくりしなくなったよ!)
着々と道をすすんでますね。
私もがんばりますよ~!

ラジオ体操か・・・それはすごい。
実はあのピアノの伴奏が前から気になって
います。特に第二がお気に入り。
マダムyと2人で私に弾いてください。

投稿: マダムB | 2006年3月 4日 (土) 19:52

マダムBこそ着々と進んでいるじゃないですか♪ そうそう、サンフレアから化学講座のお知らせが来てましたよ、マダムと一緒に実験に参加したときを懐かしく思い出しますわ。

ラジオ体操の曲、そうだよね、あれ結構ピアノ曲としてもなかなか良いのよね!でも体の動きが刷り込まれてて、素直に「音楽」として鑑賞するのはもはや無理(笑)。演奏については、えーと、マダムYに弾いてもらって私は後ろで盆踊りで参加しましょう(笑)。

投稿: snowberry | 2006年3月 4日 (土) 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝統芸能 | トップページ | 訳文校正 »