« 沈丁花香 | トップページ | 仕込み中 »

2006年3月19日 (日)

睡眠不足

翻訳に従事なさっている諸先輩方のお話を伺っていて本当にスゴイと思うことの一つに、修羅場の最中で、疲労と睡眠不足でコレ以上は翻訳できないという状況になったとき、「1時間仮眠して再び作業に入る」だの「1時間半ほど横になってから再度翻訳に取り組む」だのというお話をよく聞くことである(聞くといってもネットで見ているのですが)。いったいどうやって1時間後におきられるワケっ!?と私には絶対に不可能なことをなさっている先輩方を心底スゴイと思ってしまう。私は俗に言う「寝汚い」人間で、いったん横になって寝たが最後、踏まれても蹴られても何があっても起きない。えーとどういうワケか比較的地震には敏感で、地震のときにはフっと目が覚めるけど、収まれば再びグースーピーと寝てしまうのである。寝れば世の中の憂さがすべて晴れる極楽トンボタイプ。悩みも心配事も不安も寝てしまえば雲の彼方、いや、夢の向こう。眠ってしまえばどうでも良くなってしまい、目が覚めた後に大慌てする事態が待っているとしても、別に命までとられるわけじゃなし、どーにかなるでしょ、、、などと思ってしまうテキトー&いい加減さ。眠くて思考回路が停止した頭で向かえる修羅場より、どうせ修羅場なら、スッキリ寝た後の頭で対処したほうが良いわよ、などと思ったりしているのである。故にどう頑張っても心配事は持続せず、うつ病には絶対にご縁が無い。一昔前は「悩み事なさそうだよねぇ」などと言われると、失礼なっ、私にだって悩み事くらいありますっ!と内心思ったりしたものだが、そのころは愚かにも「悩んでいる=高尚な人間である」などと思っていた。まぁ否定はしないが、悩みが無いから高尚ではないと言われたとしても別に構わんではないか、だって寝ても晴れない悩みなんか無いんだもん、はははは。

というわけで寝ることに貪欲な私にはあまり睡眠不足というモノは当てはまらない。変な時間帯に起きていて、おかしな時間帯に寝ていることはあるけれど、基本的に活動している時間数と寝ている時間数はバランスが取れているのだと思う。このバランスを欠くほどに翻訳作業に集中し、体が要求する最低限の睡眠時間だけを取って再び翻訳作業に戻る。。。という、プロの中のプロ!と思える行動を私が取れる日は果たしてくるのだろうか、と大いに悩む。おお、この悩みは寝ても晴れない本当の悩みだね、こりゃ。私の場合、寝てしまったらすべて後の祭り、1時間後に起きるなどという魔法のようなことはできないので、逆に起きている間にすべてやるしかない。終わらなければ終わるまで起きているしかないし、今まではそれでどうにかなっている。今後もそれでどうにかなるのかは判らないが・・・。睡眠時間を削って対応しなければ終わらないほど翻訳の注文が殺到♪などという未来の夢はとりあえず置いといて、起きている間にこなせる翻訳量をアップできるように今は日々精進してその日に備えることにしよう。(そんな日が来るのか?)

今日はものすごい風だった。お風呂場に土の匂いがするくらい土埃が舞っていたようだ(お風呂場の小窓を開けていたので)。北風は冷たかったけれど、気温は確実に春のそれになっている。春眠暁を覚えず。ますますたっぷり寝られる季節だ。いい加減、「いくらでも寝られる」という年齢でもなくなってきているハズなのに。普通は歳をとれば睡眠時間は少なくなっていくと言うのだけれどねぇ。この点は母親譲りなのかもしれない。母も、いまだにいくらでも寝られる人。若いころスポーツ万能だったという母の運動神経も、将来は科学者になりたかったという父の理系能力もまったく受け継がず、しもやけだの寝汚さだの変なところばかり受け継いでいる。でもお気楽ノーテンキさは私が一番かもしれない。心に憂いなく寝られるというのは幸せなことである。

|

« 沈丁花香 | トップページ | 仕込み中 »

コメント

こんにちは。先日はありがとうございました。
とても参考になりました(感謝)

> 「1時間仮眠して再び作業に入る」

よく聞く話ですが、本当に皆さん「1時間」きっかりで起きられるのかしら。だとしたら確かにすごいですよね(笑)

私はなぜか「1時間」のつもりで「2時間半」くらいになってしまいます。
なので本当に「1時間しか時間がとれない」ときは恐ろしくて仮眠できません(笑)

この際長さは問わないことにしても、ほんの少し仮眠しただけで、気力&体力が復活するというのは毎回実感します。
仮眠様様ですね。

投稿: まめぞう | 2006年3月24日 (金) 10:41

まめぞうさん、こんにちは。参考になったようで良かったです。走り始めるといろいろな問題点なども出てくると思いますが、あまり気負わず頑張ってくださいね。

>この際長さは問わないことにしても、ほんの少し仮眠しただけで、気力&体力が復活するというのは毎回実感します。

ふむふむ、でも私の場合、本当に「長さを問わない」状態でして、仮眠が仮眠ではなく本眠になっちゃうんですよねぇ、、、。だから「ほんの少し仮眠しただけ」にとどまらず、「ほんの少し」のつもりが「たっぷり目一杯」になっちゃいまして。あ、でも会社で仕事してて眠くて仕方ないときに、個室(=トイレです、笑)にこもって5分くらい寝ちゃうことはあります、そうか、あれが仮眠か。確かに頭がスッキリしますね。でも自席に戻るとまた猛烈な眠気に襲われたりしますけど。やっぱり5分じゃ復活しないみたいです、ははは。

投稿: snowberry | 2006年3月24日 (金) 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈丁花香 | トップページ | 仕込み中 »