« 良い大人 | トップページ | お天気雨 »

2006年3月31日 (金)

年度末日

3月も終わりである。思い出したように帰り際に「一ヶ月経ったねぇ、慣れた?」と部署の人に訊かれたが、そんなことよりも今日はいろんな人が出たり入ったり、「明日より○○部署に移動になりまして」だの「○年こちらでお世話になりましたがこのたび××に移動になり」だの、次から次へと挨拶回りが繰り広げられた。私にしてみれば初めて拝見する方々ばかりだが、そのたびにみんな起立してお辞儀して時には拍手なんかもする。こういうとき、いつも、不思議の国ニッポン。。。と思う。村社会の名残だろうか。

会社での論文検索作業について先日書いたけれど、やはり4月の翻訳件数は大幅増加の見込みのようである。論文の選出作業が終わってリストが戻ってきたので来週から翻訳に入るわけだが、前月の2倍にまではならないが軽く1.5倍にはなるらしい。ふーん。そう言われても私には分量的にまだピンと来ないので実感が沸かないなぁ。残業てんこもりとかになるんだろうか。まぁ別にそうなったらそうなったで構わないが。でも来週はいろいろ予定が入ってるんだよねぇ。いや夜桜能だけじゃなくて(笑)。

アレもコレもは手に入らないと思っているけれど、考えてみたら、「アレもコレも何もかもすべて手に入らない」という状況だって起こりうるわけで、それと比較したら、何か一つは望んでいることが手に入るというのは有難いことだと思ったりもする。今の職場に移った大きな理由の一つがフリーランスへの助走期間とすることなのだが、その願いは少しずつ実現しそうな気がする。別に私は仕事が生き甲斐とかキャリア志向とか三度のメシより仕事が好きとか、そんなことはぜーんぜん無いのだが(三度のメシは何より好きだし、グータラ寝るのはもっと好きだ)、でも今もしも時計が一ヶ月さかのぼったとしても、やっぱり残念ながらダーリンのために時間を割くよりも自分のために時間を割くのだろうな。ところでここ数日どういうワケか妙にブログのアクセス数が増加している。これはもしや劇的な別れ話を期待されているのだろうかとも思うが、でもそんなドラマティックな展開は起こりそうも無い。ここ数日私が悩んでいることといえば突然顔に現れたニキビだったりするわけで(まぁそれも考えようによってはストレス溜まってるんだろうなーとは思うが)、世の中は淡々と回っていくのである。そうして明日からは4月なのだな。

|

« 良い大人 | トップページ | お天気雨 »

コメント

はじめまして。
いつも何かと参考にさせていただいてます。
地方でボチボチ修行中の私にとって、snowberry さんの東京での生活はとっても刺激的です。私は海の横で働いていたので、職場の周りはコンテナと、船とゴッツイ重機しかありませんでした。近所には飼料会社があって、風向きが悪いと鼻が曲がるような悪臭がしてました。車で通勤してたんですが、いつも車の上にはピンクの魚粉?のふりかけがかかってました。はぁ、思い出すだけでちょっと切ないな。でも、仕事楽しかったですよ~。会社の人も業務も好きでした。もちろんいやなこともありましたけど。いまではいい思い出です。でも、一度でいいから、都会で着飾ったりして働いてみたかったなぁ。なんて思ったりしちゃいました。愚か者~なんてしかられそうですが。なんだかくだらないことをダラダラと書いてしまいました。では、また。

投稿: upaupa | 2006年4月 1日 (土) 09:58

upaupaさん、こんにちは。お名前はかねがね拝見しております。こんなところまで遠征してくださってありがとうございます。

>でも、一度でいいから、都会で着飾ったりして働いてみたかったなぁ。

えーっ、全然着飾ってませんよー、ご承知の通り電車の中で踏まれたり蹴られたりで(笑)サバイバルなOL生活です。まぁ勤務地「だけ」は都会ですが。私自身は相変わらずおのぼりさん状態であまり馴染めておりません。それにしても、車の上に魚粉というのは何といいますか、のどかというか(?)、えーと、お魚のデンブを想像いたしました。ちょっと美味しそう(笑)、なんて不謹慎ですね、すみません。うーん、でも私も会社勤めから開放されたら、このサバイバルな通勤も良い思い出の一つになるのでしょうか(=なりそうもないなぁ・・・)。

投稿: snowberry | 2006年4月 3日 (月) 02:16

おはようございます。
そうなんですか。電車の中で踏まれたり蹴られたりするんですか・・・。都会暮らしもそんなに甘くないのですね。人に酔うタイプの私には難しいのかなぁ・・・。

お魚のデンブを想像されましたか・・・。そんな綺麗な色でも形でもなかったのですが・・・。粗めのわかめふりかけ程度の大きさです。う~ん、わかりにくいですね。大きめの消しゴムのカスくらいの大きさです。アハハ、この表現はまったく美しくないですね。すいません。でも、忌み嫌うべき対象だったので、素敵に形容しがたく・・・。車にこびりつくんですよ。塩分含んでるみたいだし、本当に迷惑してました。
職場は、のどかですよ。現場があると、一瞬で雰囲気が変わりますが、何もなければ、昼休みはダイバーや船員のおじさんたちが釣りをして、お魚くれたり、蛸壺しかけてみたり、牡蠣を獲ってくれたり、わかめもらったり。そうです。事務所は岸壁の上にあって、目を閉じてあるくと海に落ちる(水深5~8m位)状況なのです(柵ナシです)。実際、酔って何人か落ちたことあるみたいですし。もちろん助かってますけど。想像しにくいでしょうか、やはり。本当に毎日海を見ながら仕事してました。それはそれで、恵まれていたのかもしれませんね。今思えば・・・。

投稿: upaupa | 2006年4月 4日 (火) 09:08

upaupaさんこんにちは。

>都会暮らしもそんなに甘くないのですね。人に酔うタイプの私には難しいのかなぁ・・・。

そうですね、なんでこんなに沢山いるんだー!と叫びたくなります(=そう言ってる私も立派に人混みの中の一部なわけですが)。私自身、田舎出身ですので(=青森生まれです)、田舎のゆったり感とか広大さとか人のまばらさ加減(=これは誉めているつもりなのであります)が好きで、都会の人の多さはツライですね。

>昼休みはダイバーや船員のおじさんたちが釣りをして、お魚くれたり、蛸壺しかけてみたり、牡蠣を獲ってくれたり、わかめもらったり。

それは素晴らしい! まるでお魚屋さんを開業できそうですね(笑)。いえ、それより何より、そこにいらした方々の大らかさとか気前の良さというんでしょうか、そういうのこそが素晴らしいです。東京はあまり横に関わり合わない場所なのだろうと思います。同じ都会でも、きっと大阪だとまた随分と違うのかも知れませんが、東京はお互いに知らん振りって感じかなぁ。それでこそ東京という気もしますけれどね。

投稿: snowberry | 2006年4月 5日 (水) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良い大人 | トップページ | お天気雨 »