« 庶民感覚 | トップページ | 春の便箋 »

2006年2月26日 (日)

思い出話

修羅場を予想していた週末だけど、別の意味で修羅場になった。金曜の朝(というか木曜深夜というか金曜未明)に翻訳プロジェクト2回目の分納を先生にお送りして爆睡。朝6時までに送信すれば良いことになっていたので、本当はもう少し分量をこなしたかったけれど、6時まで翻訳作業をしていたら会社に行けなくなってしまうので、睡眠時間を確保できるところで切り上げた。残りの分量を気にしつつ、この日の夜は毎月恒例となっている友人とのカラオケ会。すでに「定例会」とも呼んでいるほど定着していて、これはこれで私のストレス発散の場でもあるので這ってでも行くのである!でも今回は今ひとつ声の伸びも良くなくて、思ったように歌えなかったなぁ、と少々物足りなさを感じながら、ほぼ午前様で帰宅。

翌日の土曜日は月に一度の翻訳学校の授業。課題はほとんど手付かず。一気にやるぞー、と思ったのだけれどフィギュアスケートをライブで朝5時まで観てしまった。ヤバイ。眠い。課題が終わらない。うがー、と思いつつ、その前日も睡眠不足だったので課題を諦めて午前5時に寝てしまう。その辺りから喉の調子がおかしくなってきた。ここで風邪を引いている余裕はないのに。とりあえずあったかくして寝る。昼に起きて食事もせずにバタバタと翻訳学校へ。なんだか先生は機嫌が良くて授業も熱心に時間オーバーで説明してくださる。豊富な専門知識と、「てにをは」一文字にもこだわって自然な日本語表現を追及する姿は本当に勉強になる。やっぱり翻訳は最後は日本語力なんだよな、と思わされるし、だからこそ、私みたいに専門知識がない人間でも頑張ればどうにかなると希望を持つことが出来る。授業後、空腹なんだか風邪なんだか判らないフラフラした状態で、とりあえず食事だけしてから帰ろうと思い、途中で一人でゆっくり食事をしてから帰宅。ますます喉が痛い。扁桃腺炎だったらどうしよう。1~2年に1回はやるので別に驚きゃしないけど、私の場合、扁桃腺炎で一度発熱すると40度が一週間続く。今週だけは勘弁してくれ。とてもそんな余裕はない。

結局、授業が終わって帰宅したあと、土曜の夜は少しも翻訳を進めることが出来ずに早々に就寝。日曜日は英語学校時代の友人たちと「マダムの会」なる不思議な名称(笑)の集まりでランチをすることになっていたのだが、頭痛のため起き上がれずに大幅に遅刻して駆けつける羽目になった。マダムたち、ゴメンナサイ。華麗なるマダムの優雅なランチの会に、鼻水ズルズルしながら参加する私はとってもマダムらしからぬ状態だったけど(頭がボーっとしていたため、しゃぶしゃぶのお肉を鍋に入れずに自分のタレに直接入れちゃったり・・・。かなりアブナい状態であった。しかも指摘されなかったらそのまま生肉を食べていたかもしれない・・・)。それでも話はとても弾んでものすごく楽しかった。それぞれ微妙に通学していた時期が異なるのだけれど、学校時代のいろんなエピソードや当時の名物生徒さんなど、いろいろな話に花が咲き、思い出話三昧で大笑い。ちょっと高級なしゃぶしゃぶのお店と、ちょっと高級なマダムのティーサロンでおしゃべりしたのだけれど、私たちの一角だけ大きな笑い声が響いていたかもしれない。

ランチの後、のんびり小一時間ほど電車に揺られて実家に立ち寄った。必要な書類があって、どうしても今日中に行く必要があったのだ。まだ封を切っていない風邪薬とノド飴があるから持って行きなさい、と母に言われて受け取ったんだけど、そのノド飴がすごい匂い(ちなみに龍○散のものなので本格的なシロモノ)。美味しそうではない、という意味での「すごい」匂いである。でもまぁ効き目があるなら味は二の次か。良薬口に苦し、だし。幸いまだ熱は出ていないので今回は扁桃腺炎ではなく、ただのノド+鼻風邪のようだ。これなら何とか乗り切れそう。萌え街での仕事はあと2日で終わりなので、ここで風邪引いて休んだりしたくないのよね。それにしてもこの週末は結局少しも翻訳が進んでいない。危うし3回目の分納。でもまぁ自業自得か。体調悪くても、しっかり遊びは死守してるわけだから(笑)。この調子で締め切りも死守して頑張るとしよう。そろそろ後がない。

|

« 庶民感覚 | トップページ | 春の便箋 »

コメント

snowberryさん、こんにちは。
「海外癌情報リファレンス」では大変お世話になっております。
懐かしの「医学翻訳ネット」を求めてネットサーフィンしてたら、こちらのサイトにたどり着きました。
「snowberryさん」違いかと思ったのですが、ブログを読んで間違いなく私の存じ上げているsnowberryさんだと確信しましたので、リンクさせていただきました。
とりあえず、ご報告まで。

投稿: 美雨 | 2006年2月27日 (月) 16:52

お疲れ様でした。
おかげさまでと~っても楽しい時間
でしたよ!

「龍○散のど飴」すごいよね。
私もはじめてトライしたとき
「飴はおまけで、龍○散を飲ませたいのでは?」と思ったほどキョーレツでした。

投稿: マダムB | 2006年2月27日 (月) 19:10

ひゃー超過密スケジュールの中、頭痛やら体調不良でマダムしゃぶしゃぶの会に来てくれたのねー。
そういえば少し元気が無かったような。。。
霜降り牛のおいしさよりも、あなたのトークの方が印象に残り、楽しかったわ。しかししゃぶしゃぶにチンゲン菜とは不思議でしたね。体は大切にしてください。忙しいのも程ほどに。don't work too hard.

投稿: yeeyore | 2006年2月27日 (月) 22:04

美雨さん、ようこそ、こんなところまで遠征ありがとうございます。メールいただいていたのにお返事が遅れていてすみません~。ここ一週間くらいこんな調子で(^^; でもちゃんとお返事書かせていただきますので待っててくださいね。ピアノの発表会の準備は進んでいらっしゃいますか? 頑張ってくださいねー。

投稿: snowberry | 2006年2月28日 (火) 22:30

マダムB、お疲れ様~。いろいろありがとう~。第二弾は歌って踊るマダムの会かしら?(笑)

そうなのよ、龍○散ノド飴、スッゴイの。サプリメントが入っているようなプラスチックボトル入りなんだけど、フタを開けると、どわ!って感じ。かわいらしく「カシス風味」って書いてあって、実物もほんのりワイン色で美味しそうに見えるんだけど、実際どこがカシス味?って言いたくなる。これなら極彩色で着色料たっぷり入れてイチゴ味とかにして欲しいくらいだわ(笑)。でも薬だと思ってすごい勢いで消費してます。もうボトルの底が見えてるのよ。

投稿: snowberry | 2006年2月28日 (火) 22:37

マダムY、ありがとうございました~。ごめんねぇ、あんなにお待たせしてしまって。マダムのトークも炸裂だったわよー。お蔭様で本当に楽しかったです。

ちなみに私の風邪は人にはうつらないから安心してね。今まで他人から風邪をもらったり、風邪をうつしたりしたことがないの。私の風邪はどうやら私専用ウイルスらしいんだ(笑)。まだ鼻水すすりながらだけど、なんとか元気でーす。

次のフレンチの会も優雅に盛り上がりましょうねっ!

投稿: snowberry | 2006年2月28日 (火) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庶民感覚 | トップページ | 春の便箋 »