« 中華続き | トップページ | 機械翻訳 »

2006年2月16日 (木)

あと1点

私にとっては日本全国高級チョコレート祭りとでもいう位置付けだった日は、冬の英検一次試験の合否発表日でもあった。合否閲覧サイトがオープンになるや否や、受験生たちは自分の受験結果を知るために一斉にサイトにアクセスする。私も現役時はパソコンの前でスタンバイして結果を確認したっけ・・・。懐かしい。でも今は私が自分で見るわけではないので、生徒さんたちから連絡が来るまでソワソワしながら待つだけだ。一次に受かっていればすぐに二次対策をしなければならない。そうなれば土日も平日も関係ない。二次試験まで正味10日間ほどしかないのだ。二次は二次で、また別のハードルがそびえている。だから一次の結果は一刻でも早く知りたい。

でも見るのは受験生本人だし。その場ですぐにアクセスする人も居れば、仕事から帰宅した後に夜にアクセスする人もいるし、一日寝かせて(?)翌日確認する人も居る。あるいは確認したけどすぐに連絡してこない人も居るし、その辺は別に私は強要しているわけでもないのでご本人にお任せ。ただ、結果(各分野の点数)が判らないと、強化すべき弱点を明確にすることは出来ないので、やはり結果は知らせて欲しい。それを元に次の対策に進むことになる。で、今期の結果。残念ながら皆さん敗退。でも合格点まであと1点という生徒さんが居た。不合格なのはもちろん残念なのだけれど、あと1点というところまでこぎつけたことは非常に嬉しかった。苦手な英作文を克服して、前回に比べてかなり英作文が伸びてくれたのだ。特訓した甲斐があったなぁ。すでに他の分野は前回、前々回とも安定している生徒さんなので、次回6月は必ず突破してくれるだろう。次の試験が今から楽しみになってきた。あと1点というのは、本人は非常に悔しいだろう。あと1点あれば合格だったのに、とか、ここを間違えなければ受かっていたのに、と強く思うだろう。でも1級って、あと1点とかあと2点を経験している人がすごく多いのだ。それを経て、安定した実力を身につけてから合格する。そのほうが「運よく受かって」しまうより、しっかりと基礎が身に着くのではないかと思う。まぁ私自身は「あと1点経験」はないんだけど(あと2点はあるけど)。

結果も出揃って、これで本当に冬の陣は終わり。春が来るまでは生徒さんたちも私もしばらく充電期間。その間に私も自分の勉強を進めなければ。NEJMのトライアルはいよいよ佳境。というか忙しくなってきた。翻訳学校の先生から思いがけず再び翻訳プロジェクトへのお誘いを頂き、これが結構な分量プラスわりとタイトな納期なのである。NEJMをのんびりやりすぎたかも・・・(まだ終わってないし)。まぁ期日が重なっていないのが幸いなので、焦らずに一つ一つ仕上げていくしかない。あ~、今週はタイトだなぁ。

|

« 中華続き | トップページ | 機械翻訳 »

コメント

マダムyでございます。1月の英検も終わりですか。お疲れ様でした。1級で1点足らず。私も2度経験しました。ゼミで勉強し始めて初回の時と、3回目の時と。2点差も1回ありますね。なぜか6月の回でした。(ある時部屋で一人酒飲んで荒れ狂ったっけ。)10月の回のほうが3点差、4点差となぜか出来が6月より少し悪かったです。読解が苦手で他で工面してなんとか1点捻出できないかと悩みましたがだめでした。1点差と言えど実力は1点差ではなかったのです。結局読解を鍛えて、合格した時は合格基準点よりプラス6点でした。苦手分野があっては絶対合格できないこの試験、なんとも不思議です。その意味では良く出来た試験といえるでしょう。

投稿: yeeyore | 2006年2月17日 (金) 09:20

マダムY、コメントありがとうございます。そうなのよねホント。「1点差と言えど実力は1点差ではなかった」、そうなのよーっ、本当にそう、うんうんうん。生徒さんたちに読ませたいですわ。私も苦手な単語に泣いたクチだから(いや別に泣いちゃいませんが、笑、いつもヘラヘラしてたからな~)、苦手分野を残したままでは絶対に合格させてくれないのが1級の良いところ。最後の最後には結局は苦手なものに立ち向かうしかないからね。

そうそう、試験が年3回になる前までは、しばらくずっと、6月は難易度低め、10月は難易度高めに設定されてたんですよん。だから10月のほうが得点が低くなりやすいの。(んで、10月合格組はちょっと威張れたりしてたみたいよ、笑)。年3回になって、しかもリニューアルしてからはこの定説は崩れましたけどね。今は協会も手探りなんでしょう。

ねぇねぇ、マダム、そのうちコッソリまた1級受けるんでしょ? コッソリ単語対策でも教えてね(笑、私もそのうちコッソリ受けるから、ははは)。

投稿: snowberry | 2006年2月18日 (土) 03:55

そうそう、仏検が片付いたら(何年かかるでしょう)もう一度受けたいな、と思っています。でも読解を何とかせねば合格はしないと思うの。ということはC○Lとかsnowberryさんの勉強会に出席したいんだけど、そうするとみんなにばれちゃうでしょ。頭痛いのよね。何より恐ろしいのは800字の超長文読解。怖いねえ。今の傾向、私にはあっていると思うんだけどな。記述が減ったし。まあ乞うご期待。

投稿: yeeyore | 2006年2月18日 (土) 08:45

またしてもマダムBです。
うーん、あと1点ですか。惜しかったですね。
でも苦手な英作文が伸びてるなら
実力がついてきてる証拠だと思うな。
次回がんばってほしいですね。

あ、私もリニューアル後の試験をもう一度
受けようと思っているのですよ。
いつになるかわかんないけどね♪

マダムシャブシャブの会、はオモテの顔で
実は「1級受験対策会」という裏組織!!
かっこいい~♪

投稿: Blondy | 2006年2月19日 (日) 12:52

えっマダムBも再受験するつもりだったの? すごぉい、それじゃ3人そろったらほぼ全分野を克服できるわね。でもさ、その裏組織、本当に「裏」のままで、会うたびに食べ歩きの会になってるかもよ(笑)。

投稿: snowberry | 2006年2月19日 (日) 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華続き | トップページ | 機械翻訳 »