« 添削作業 | トップページ | 思い出話 »

2006年2月24日 (金)

庶民感覚

相変わらず毎週金曜日にダーリンはせっせと大阪に行っている。実家に二泊して(もともとダーリンは大阪出身)、土曜日にバイオの学校に行って、日曜日の夜に東京に戻ってくる。お金が続かなくなったらヒッチハイクして大阪に行くんだ~などと言っていたけど、今のところナントカ毎回新幹線で通ってるみたい。まぁ宿泊費が掛からない分、どうにかなっているんだろうか。

今まで年末年始や夏休みでダーリンが実家に帰省するときには必ずお土産を要求しているけれど(もちろん私が青森に行ったときにもダーリンにお土産を用意している)、毎週末ともなるとそうもいかない。仮にお土産を買ってきてくれても渡してもらうヒマもない。週末にいないんだから会えないし。で、ゆうべ、「明日もまた大阪に行くんでしょ」という話をしていたら、今回は戻ってくるのは水曜日になるという。聞いた瞬間に私の目がキラリンと光ってしまった。「出張!?」こうなると話は別だ。出張なら当然お土産付き! どこ行くの~?と訊いたら、月・火・水に京都に行くという。んまぁ、京都! お土産の宝庫! わーいわーい、お土産だ。大阪だと、お土産は当然食べ物という気がするけど、京都だと食べるものよりも記念品というか形に残るものという気がする。食べ物だったら、やっぱりその場に行って食べたいもののほうが多いと思うから。お漬物とか和菓子とか、あまり持ち帰って手土産にするような感じではない。名だたる日本の観光名所だし、手ごろな記念品もたくさんあるわけだから。

「お土産お土産!」と電話口ではしゃぎながら、さて、いざおねだりしようと思うと何も浮かばない。えーとえーと、京都京都、何がよいんだっけ、と必死にアレコレ思い浮かべようとするけれど、具体的に何も出てこない。友禅とか西陣織とかブツブツ言いつつ、口をついて出た言葉は「西陣織のポケットティッシュカバー!」だし。・・・なんて庶民的なんでしょう私って。続けて、ようじやの脂取り紙とか、組み紐っぽい和風の携帯ストラップとか・・・。あとは陰陽師が好きなのでせいぜい安倍清明の神社のお守りとか? いかん、やっぱり庶民派丸出しだ。昔からそうだけど、根っからの貧乏性なのでバブリーなおねだりが出来ない。一度どかんと高級なおねだりをしてみたいとは思うけど性に合わないというか分不相応な気がしてやっぱり出来ないのである。やっぱりポケットティシュカバーが良いかな(笑)。それくらいが安心なんだもの。

今朝は翻訳プロジェクトの2回目の納品。かなり behind the schedule なので3回目で相当追い上げないといけない。フィギュアスケート鑑賞どころではなかった。週末はおそらく修羅場確定になりそう。

|

« 添削作業 | トップページ | 思い出話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 添削作業 | トップページ | 思い出話 »