« 小人さ~~ん! | トップページ | 単純な私 »

2006年1月19日 (木)

統計解析

私は典型的なド文系人間で、算数(数学と呼べるレベルはなおさら)も、理科も物理も化学も苦手だった。果たして過去形で表現するのが正しいかどうかはともかく(笑)、医学論文を読むのは苦痛じゃないところを見ると(というより、積極的に楽しい)、医学論文は少なくとも私にとって算数の一種ではないらしい。でも文系の皆さんが軒並み苦労する統計はやっぱり天敵! 普通の文系の方が苦労されるのだから、ド文系の私が四苦八苦するのは当然。翻訳学校の先生が信頼区間やP値について説明してくださったときに、「目からウロコ」で、ちょっとは理解できた気がした・・・けど、やっぱり「気がした」だけのようで、相変わらず悪戦苦闘している。

CBIで統計解析のコースが始まる。取ろうかなぁ。今月末の英検が終わると2月はまるまる英検授業はお休みになる。統計のコースは2月下旬から始まる。その頃には私も低空飛行に飽きて(現在はまだグダグダ地面スレスレを飛行中)、ゆっくり休んで遊んでリフレッシュもして、気分晴れ晴れさわやかに新しいことを勉強したくなっている♪、、、かなぁ? ま、どーにかなるでしょ、うん。申し込んじゃえー。

以前(まだCBIのコースが有料になる前)に私が受講していたときは、とってもオンボロ(失礼!)な講堂での講義で、冬は寒く夏は暑い冷暖房完備の部屋だったけれど(さすが国立大って感じ)、今期の統計解析のコースは新しい校舎のきれいな講堂での講義♪ すでに新校舎で受講経験済みのダーリンからの情報によれば、14階からの眺めもとてもきれいだそうだ。いや、こういうミーハーな理由で講座を選んでる場合ではないのだけれど、寒い教室でコートを着込んで寒々と授業を受けるのはツライでしょう、やはり。トイレもものすごく寒かったもんなー。それに比べたら、以前に一度、東京医科歯科大学のセミナーに行った時は、校舎はきれいだしトイレはウォッシュレット完備だし、さすが~、と思った。トイレ環境は大事!(と変なことを力説する私)。CBIの今後のコースがすべて新校舎になるわけではなく、通常の授業との兼ね合いなどもあって、旧講堂でのコースも相変わらずあるし(そーゆーのは取りたくないと思ってしまう)、新校舎で統計解析コースをやるんだから、取るっきゃない。と、やはり後押しするのはミーハーな理由なわけだな・・・。でも動機付けになるんだったらミーハーだろうと構わないではないか、ということにしておく。

http://www.cbi.h.u-tokyo.ac.jp/v_kougi2005.php?search=48

|

« 小人さ~~ん! | トップページ | 単純な私 »

コメント

 こういうの通信でないかな。でも実際に講義を聞くのと、本を読むのでは理解度と理解するまでにかかる時間にえっらい違いがあるのでしょうね。こういうところで海外在住の不利を実感します。どこでもドア欲しい……。

投稿: Ban | 2006年1月19日 (木) 21:15

Banさん、生涯学習とか社会人への教育は欧米のほうがうんと日本より進んでいると思いますので、お近くに医科大学とかあれば、公開講座とかを探してみてはいかがですか? でも宇宙語状態の統計解析を外国語で解説されても・・・余計に宇宙語かも・・・、いや、私の場合ですけど。

どこでもドア、私も欲しい~! このCBIの授業、開始が午後6時なんですよ。イマドキの夜間講座の開始時間にしては早すぎですよね! どこでもドアがあれば、サっと行けるんだけど(って、Banさんがおっしゃってるのは海を渡る話なのに、私ってスケール小さすぎ・・・)。

投稿: snowberry | 2006年1月20日 (金) 23:40

 ドイツ語で統計ですかぁ? そりゃ無理ですよ。日本語ででも、ちんぷんかんぷんな部分もあるんですから。宇宙語? まさにその通り。

 生涯学習の講座たくさんあるようです。お料理から哲学まで、特に定年退職された方に人気があるようですね。私は一度現地語の講義を受けてみたいと思っています。

投稿: Ban | 2006年1月20日 (金) 23:48

現地語の講義っていうのもあるんですか?(つまりドイツ語講座?) 日本在住外国人向け日本語講座、みたいなものでしょうか? 実生活に即した生きた言葉が学べそうですね。

私は料理教室とかに行ったほうが良いんだろうなぁ・・・。しかし生涯教育としての料理教室なんて、定年後のオトーサン族しか居なさそうな気が・・・。私って逆の意味で場違いな感じ。(そしてオトーサン族よりも料理がヘタかも・・・泣)。

投稿: snowberry | 2006年1月23日 (月) 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小人さ~~ん! | トップページ | 単純な私 »