« 患者と消費者 | トップページ | 小人さ~~ん! »

2006年1月13日 (金)

しもやけ

わざわざ「寒い」と連呼しなくても十二分に寒い。けど寒いのはキライではないので、寒い寒いとつぶやきながらも寒さを満喫中。少なくとも暑さに比べたら100倍くらい寒いほうがマシ。とはいっても巷は大変。毎日のようにテレビのニュースでも寒さの影響を報じている。暖房器具が飛ぶように売れているとか葉物野菜が高騰しているとか、誰でも想像できるような話である。そんな中で薬屋さんで、あるものが非常によく売れているとか。ゆたぽん?と思ったけど(笑)、使い捨てカイロと、もうひとつ、しもやけ薬だそうである。へぇぇ~、しもやけ薬なんてものがあるんですかね。ニュースの中でインタビューされていた薬屋さん、「東京ですから、普段はしもやけの薬なんてほとんど出ないんですが、今年は非常によく売れています」とのこと。そうだよねぇ、東京でしもやけなんて普通はそんなに無いだろうな。

そういう私は北国生まれですからね、はい、しもやけは随分とやりましたね。でも私が子供のころにはしもやけ薬なんてなかった。メンタムかオロナイン軟膏を交互にぬっていた(なぜ交互なのかというと、そのとき手近にあったほう、というのもあるし、同じものばかり使ってると単に飽きるというのもあった)。ワンシーズンで一瓶なくなるくらい、よく塗り塗りしていた。

実はここ数年、私はしもやけで困っている。それも何故か耳のしもやけ、しかも両耳。メンタム塗ろうが保湿しようが何しようがダメで春先になると自然に治る。最初にそれが現れた年はたまたまなのかと思ったけれど、翌年も続けて同じ状態になったので、まったく何なんだコレ?とつい不満をもらしたら、母が「そういえば私も若いころそうだったわね~、何年かしたら自然に治ったわよ」という。えええええ!?? 遺伝なんですかっ、コレは!? 人間の体ってすごすぎる。姿かたちだけじゃなく、そんなところにまでDNAが影響するとは。それにしても、私ももう人生半ばなんだけど、「冬が来たら両耳がしもやけになる。数年間続く」という遺伝子は、これまでの40年近い時間のなかで、いったいどこに眠っていたワケ? まぁ私が橋の下から拾われた子じゃないことが判ったのは良いとして、どうせ似るならもうちょっとありがたいところが似て欲しいんだけど、なんでこんなヘンテコなところばかり似るんだか。

相変わらず(三つ子の魂?)せっせと耳にメンタムを塗っているんだけど、タップリ塗ると髪の毛についちゃうし、第一、寝るときに枕につきそうで困る。どうせ塗っても塗らなくても春まで治らないし、どうせ来年も治らないのだ。遺伝子には敵わんのだし。せめてひび割れて血が出ない程度に何か塗っておかなきゃならない(かゆくてつい引っかいて血がでちゃったりするのであった)。人気のしもやけ薬、買ってみようかなぁ。

|

« 患者と消費者 | トップページ | 小人さ~~ん! »

コメント

しもやけなんて懐かしい言葉ですね。
私も北国生まれ育ちなので、散々悩まされましたよ。
東京を永住の地に決めたのは、しもやけにならないからというのも一つの理由です。足と手の指が二倍くらいに腫れ上がり、痒くて痒くて。その上にアカギレでぱっくり口を開けて傷が出来て冬の間中痒いやら痛いやらです。私もこの冬の寒さに耐えかねて帽子を買いました。でも寒いと体調がよくなるのは北国生まれのせい?もやもやと暖かくなる春先にいつも風邪を引きますが東京に出てきてからインフルエンザにかかったことは無いです。

投稿: yeeyore | 2006年1月13日 (金) 11:28

東京永住理由が「しもやけにならないから」だなんて、うわ~、それもなんだかスゴイ話ですね。ところでyeeyoreさんのダンナさんって東京出身の方でしたっけ?(いえ、深い意味はありません)。

ところで、うふふふ、実は私もオトナになるまでよく判ってなかったんだけど、北国って東北6県と北海道のことで、北陸・信越は、雪国だけど北国じゃないんですよ~、ってご存知でした? 私は子供の頃から雪国イコール北国だと思い込んでましたが、言われてみれば確かに北陸って位置的には北じゃないんですよね。

私の故郷は青森だけど太平洋側なので、弘前市や青森市に比べるとうんと雪は少ないです。それこそ金沢や新潟のほうがはるかに雪が多い。子供の頃は、雪の多さで負けてるようで悔しかったですね(笑)。だって本州最北端の青森県なんだから、本州で一番たくさん降らなきゃダメ!なんて思ってました、ははは。雪かきさせられずに済んだ子供だったから言えたセリフでしたねぇ~。

投稿: snowberry | 2006年1月14日 (土) 06:58

学生時代は剣道部だったので
真冬でも裸足でした。
かかとがひびわれて歩くのも困難だった!
よくがんばったよな、自分。

友人の実家が薬局で、彼女のお母さんが
アカギレの塗り薬を調合してくれました。
「薬の名前を付けて!」というので
「ブロンディ(←本当は学生時代の私のあだ名)ナオール」と命名しました。
商品化しておけばよかったかも??

投稿: Blondy | 2006年1月14日 (土) 23:34

真冬でも裸足っ! そうかぁ、日本の武道だとそうですよねぇ。せめて畳が引いてあったことを、、、あ、柔道じゃないから板の間か! うー、聞いただけで寒そう。今と違って(今年はたまたま寒いけど)その頃の冬ってちゃんと寒かったよねぇ? 結構普通に一冬に何回も(埼玉の話になりますが)雪が降ってたし。

「ブロンディナオール」欲しい!(笑) それ今からでも商品化して特許とってー。それで海外輸出するときには私が添付文書を翻訳してさしあげます(笑)。

投稿: snowberry | 2006年1月15日 (日) 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 患者と消費者 | トップページ | 小人さ~~ん! »