« 手帳とカレンダー | トップページ | 同級生 »

2005年12月 3日 (土)

トライアル

先週は仕事が忙しかったけれど、今週は仕事以外が忙しかった。トライアル1本、学校の宿題、対訳データベース作り、別のトライアル1本、などなど。最初のトライアルは実力不足でアッサリ敗退。もう1本のトライアルは、派遣会社経由で打診が来た。オンサイトの仕事ではなく、在宅ベースのお仕事になりそうですがいかがですか?という。そのほうが私にはありがたいので即座にトライアルを受けたいと返事をしたところ、ちょっとビックリするような分量のトライアルが送られてきた。こんなにたくさん??? 折りしも某翻訳の掲示板ではトライアル分量についての話題がでている。多すぎるトライアルに対しては少々懐疑的な気持ちになるのも致し方ないところ。でも翻訳会社からではなく、派遣会社からだからなぁ、、、。翻訳の案件やトライアルのこともあまり知らないのかもしれない。それに、派遣会社経由、つまり、その先にはエンドクライアントが決まっているわけで、そのトライアル自体もエンドクライアントから出されたものだから、こんなに分量があるのかなぁ、と私なりに善意(?)の解釈をした。まぁ、、、いっか、それにトライアルは自分の勉強にもなるし、分量多いけどやりましょう、と思ってせっせと仕上げた。

同時進行で、某所で見かけた翻訳者募集案件に応募したところ、さっそくトライアル依頼の連絡が来た。ところが実際のトライアルが送られてくる前に、まず分量が多いことを了承して欲しい、という。エンドクライアントが決まっている案件で、そのトライアルもエンドクライアントが用意したもののために分量が多いようである。なんだかどこかで聴いたような、、、と思いつつ、でも今回は相手は翻訳エージェントさんだ。トライアルの適量を熟知しているハズなのだから、黙って言われるままに分量の多いものをすぐに引き受ける気にはなれず、何度か担当者さんとやり取りを交わした。

その間に自分でもいろいろと考えてみた。分量のあるトライアルを2本も同時に受けるなんて時間的に大丈夫だろうか、とも思ったのだけれど。宝くじは買わないと当たらないし、仕事だってトライアルを受けないことには一歩を踏み出すことも出来ない。数撃ちゃ当たる方式だとは思わないし(数だけ撃ったところで実力がなければ全部外れるだけだ)、手当たり次第にトライアルを受ける気も無いが、そろそろ少しずつトライアルに挑戦する時期になってきたのではないかと自分では思っている。受かるかどうかはまた別問題なのだが(いや、最終的にはやはり受からないと話にならないが)。ともかく、分量が多いことに尻込みしないで、まずは頑張って受けてみよう、このエージェントさんのトライアルも、やっぱり受けさせてもらおう、と思うに至った。

派遣会社さんからのトライアルを仕上げ終わり、これを送ったら、次は翻訳エージェントさんに連絡して「やはり長くても構わないのでやります」と言おう、と思っていたら。なんとこの2件が同一案件であることが発覚! なんとまぁ。確かに最初に話を聞いたときに、どうも似たシチュエーションであるとは思ったのだが。数を撃ちたかったわけではないけれど、やるぞー!と思っていたので気勢をそがれてしまった。知らずに2ヶ所にトライアルを出していればチャンスは2倍だったかも、などとマヌケなことを考えたり(=最終的にエンドクライアントさんが見るんだから、同じ翻訳文を出していれば一発で判るのに、と自分で苦笑してみたり)。まぁ、やるだけやったので後はご縁があることを祈るばかりである。そういったモロモロのおかげで今週は本当に忙しく、今日の英検授業も出掛ける間際まで教材作りや印刷をしていて(しかも途中でトナーが切れた!)、すっかりドタバタしてしまった。明日はようやくゆっくり休めそうだなぁ。

|

« 手帳とカレンダー | トップページ | 同級生 »

コメント

あらあら…なんだかご苦労様です。
トライアルって実際のお仕事が渡される場合もあるようなことも聞いたことがあります。(要する良いように使われる?!)色々とありますね。人生。

だけど、snowberryさんの仰るとおり何事も「ご縁」だと思うのです。また、頑張っていれば必ず何かの形で自分に帰ってくると思うのです。なので、どんどん頑張っていただきたいと思いました。そしてsnowberryさんがこうして沢山日記を書いてくださるおかげで私も頑張れます。

投稿: コト | 2005年12月 4日 (日) 15:57

派遣会社経由で主に在宅案件のトライアルのお誘いがくるんだ。異世界だから、興味津々。それは医療機器や用具でしょうか?

私はトライアルを1度落ちると立て続けに3件ぐらい落ちることがあって、こないだのがそのスタートではないかと、ちょっとビクビクしてます。

投稿: ぽてて | 2005年12月 4日 (日) 20:29

本当にねー、仕事はご縁だって言いますよね。これまで割りと身近な方々にもお仕事GETについて伺ったことがあるんですが、皆さん一様に「ご縁」だとおっしゃるんです。で、やはりご縁というのは待っているだけでは天から降ってはこないよなぁ、、、と。腰の重い私も、少しは自分から動かなきゃなぁと思う今日この頃です。

>こうして沢山日記を書いてくださるおかげで私も頑張れます。

そう言っていただけるとすごく嬉しいです! いつも「文章長すぎ!」って言われるんだけど、なかなか短く書けなくて。これからも拙いながらも翻訳者を目指して頑張ります。コトさんも新しい生活が落ち着かれたら、またメディカル分野に復帰なさってくださいね。

投稿: snowberry | 2005年12月 4日 (日) 21:49

ぽてて嬢、実は今回みたいなお話をいただいたのは私も初めてなのです。普通は派遣会社が扱う案件はオンサイトの翻訳ばかりだし、在宅での翻訳を扱うのは大抵は派遣会社の中でも別の事業部だったりして(そういう事業部は、ほとんど翻訳エージェントと同じシステム)、依頼や募集の体系自体が違うことが多いと思うので、今まではそういうお話をいただいたことはなかったの。だから今回は在宅ベース案件と言われて、やったぁー!と思ったんだけど。まだ受かってないけど(笑)。どうなりますことやら。ちなみにトライアルは論文系だったし、内容を見ても、どうも医療機器ではなさそうです。

この間のトライアルは別口だわよ! あれは普通のトライアルとは性質がぜんぜん違うから「落選」に計上する必要ナシ!(笑)

投稿: snowberry | 2005年12月 4日 (日) 21:56

フーム。いろんなルートがありますね。論文系でお声がかかるということは、少なくても派遣元のレコードには、snowberryさんはその方面に強し、とか紹介したくなるようなデータがあるということでしょう。次の展開に期待。
(ボリュームたっぷりの論文系トライアルって一体?)

投稿: ぽてて | 2005年12月 4日 (日) 23:18

>その方面に強し、とか紹介したくなるようなデータがあるということでしょう

うーん、そんな大層なことではなくて、メディカル分野希望!ってうるさいからなんじゃないかなぁ、、、と本人はちょっと弱気です(笑)。どっちみち実力のほどはトライアルで判明するわけだし、「メディカルメディカルってうるさい希望者がいるから話だけ紹介しておこう」って思われただけかも・・・。

投稿: snowberry | 2005年12月 5日 (月) 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手帳とカレンダー | トップページ | 同級生 »