« 入院中のパソ子 | トップページ | 専門知識 »

2005年12月 6日 (火)

人非人

生きていれば誰だって少しくらい不運なことや上手くいかないことは往々にしてある。いちいち落ち込んだり悩みこんでも仕方ないと思う。でも、大人になってからの大きな失敗というのは、本人次第という部分が大きいんじゃないかと思っている。つまりは自分で招いているんじゃないかということ。ちょっと気をつけていれば回避できることとか、注意を怠らなければ何の問題もないことがたくさんある。日常生活の大半はそんなふうに回っていると思っているので、私はわりと大人の失敗にあまり過剰な同情はしない。むろん自分の失敗に対しても、「あーあ、何やってんだよ、自分」と思ったりする(・・・と、倒れたパソ子のことを思い出しながら書いている私)。例えば自然災害に遭った方は本当に不運だと思うけれど、犯罪に巻き込まれるのは、すべてではないのは無論だが、本人に隙がある場合も結構あったりするんじゃないかなぁと思ってしまうのである。

でも子供は違うでしょう。子供はまだ自分で判断できないよ。子供が災禍に遭うのは絶対に大人が悪い。そして子供をそんな目に遭わせるような大人というのは人非人だと思う(←ところでこの漢字がパソコンで変換できないのだけれど常用漢字ではないのでしょうか。私はよく使うのだけど、なんか間違えて覚えているんだろうか?)。人に非ず、である。

癌を患った女子中学生を相手に、ただの温熱赤外線をあてるだけの治療法を施すだけなのに、手術をしなくても癌が治ると騙して400万円近くも治療代をとっていたやつが逮捕されたというニュースをつい先ほど見た。「人非人!」とテレビに向かって叫んでしまった。その子は入院していた病院を退院して、その治療法を信じて通っていたのだそうだ。まだ中学生だよ。そしてなかなか治らないので別の病院にいったときには、すでに転移していて手遅れとなり、お亡くなりになってしまったという。逮捕された野郎の所在地がたまたま私の住む街の近くだった。殴りこみに行きたい気持ちになった。そんなふうにして金儲けをして何がうれしい!? 大人相手だったら、騙されるほうも騙されるほうだとも思えるが(もちろん大人相手であっても良いわけではないが、大人ならそれくらいの分別があって然るべきだとも思うのだ)。でも中学生相手にそんなことをするなんて。手術しないで済むと言われて、すがるように信じて治療をうけていただろう中学生のことを考えるといたたまれない。世の中には取り返しのつく過ちと、絶対に取り返しのつかない過ちがある。逮捕されたヤツは衰弱していく中学生を平然と見ていたんだろうか。最初の病院で手術していれば助かる可能性だってあったかもしれないのに。あぁ本当に許せん、人非人め。

|

« 入院中のパソ子 | トップページ | 専門知識 »

コメント

 こちらでもありましたよ。

 金儲けのために、闘犬を輸入して子犬を産ませ、扱い方が分からずバルコニーに監禁していたところ、うち3匹が逃げ出し(当たり前)、たまたま登園途中だった6歳の男の子を死に至らしめました。聞くところによると、遺体はもう人間の形ではなかったそうです。かわいそうに、怖かったでしょう。泣き叫ぶ間もなかったのでしょう。同じ位の子供を持つ身にはあまりに悲惨な事件です。

 でも、誰が悪いと聞かれたら、私は迷いなく人間と答えます。大人です。子供を犠牲にして金儲けを考える、そういう大人をどうやったら改心させられるのでしょうね。

投稿: Ban | 2005年12月 7日 (水) 04:26

こんにちは。
耐震構造の問題もそうですが、一体何を考えてそんなことをしてるんでしょう。自分が良ければ他人はどうなってもいいのでしょうか。特に人の命に関わることですから、それなりの意識を持つのが普通だと思いますが。
翻訳でも命に関わるようなものを訳す場合には誤訳が無いように細心の注意を払うし、医療機器の開発でも確実に汚染ゼロを目指して取り組んでいます。それが当たり前ですよね。
そういう意識を持てない人は命に関わり無い職業に就いてくれと言いたいです。
ちょっと僕も思うところがあったので発散してみました(^^;

投稿: リブレ | 2005年12月 7日 (水) 17:39

闘犬、ですか。日本ではあまり馴染みがないというか、どんな犬なのか想像できないけど、ドーベルマンみたいなのですか? 大型犬だと普通に噛み付いても小さな子供にはすごく危険だけど、人間の形が、って・・・。もはや犬というより狼に近そう。そういう動物を無責任に飼って(まともに飼えなくて)そんな悲惨な事件が起きたんですね、いや、事件じゃなくて明らかに人災ですよね。

常識とか道徳とか正義とか、そんな大上段に構えたことではなくて、人間として本当に最低限、いや、最小限のことだと思うんです。ひととして最小限のことを備えていない人間以下のヤツらが、今の世の中、増えているなぁと思います。

投稿: snowberry | 2005年12月 8日 (木) 00:14

リブレさん、こんにちは。こんなところまで遠征していただいてありがとうございます。

>自分が良ければ他人はどうなってもいいのでしょうか。

本当にね、自己中心的すぎるというか。でももっと突き詰めると、こういう人たちって、ちゃんと自分と他人の区別がついていないんだと思います。大人として一人の人間として、きちんと成熟していないために、他者をちゃんと「一個の人格を持った尊重すべき人間」として意識していない。道端の石ころ程度にしか思っていない、他人をモノとしてしか思っていない(例えば金儲けの道具として、とか)という感じがするのです。自分以外の他者のことをきちんと人間として見ていないとでも言うのかな、つまり人間として恐ろしく未熟。だから、そんなヤツらは人間以下だと思いたくなっちゃうんです。人間は社会的な生き物なのだから、他人を認められないようなヤツは人間に非ず、って思っちゃうんです。最近の犯罪ってそのへんの欠落によるものが多い気がします。

ちょっと私も力説しちゃいました(汗)。自分の仕事とは関係なく、普通に聞いていても憤るようなニュースだったので、つい。でも自分の仕事を振り返ると、やっぱり、訳しながらどこかで「患者さんの役に立ちますように」とか「早く良い治療法が確立しますように」とか思いますよね。その一助になることを願って訳しているわけですから。この分野に身をおく人間なら当たり前のことだけど、今回のニュースで改めて痛切に感じました。

投稿: snowberry | 2005年12月 8日 (木) 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院中のパソ子 | トップページ | 専門知識 »