« 温かい飲み物 | トップページ | ありがとうございます »

2005年10月 3日 (月)

教えるということ

週末はなんだか妙に疲れきってしまいました。このところ平日より週末のほうがずっと忙しいような状況で、ちっとも休みになっていないなぁ。。。元来ぐーたらで軟弱な私、あんまり忙しいと時差ぼけっぽくなってしまう。人間の体は1日1時間の時差しか修復できないそうです(もともとサーカディアンリズムは1日25時間になっているから=正確には24時間50分=、常に日々1時間ずつ修正しながら生活しているわけですね)。例えば時差7時間の国に行った場合、完全に時差が取れるには7日間掛かるそうです。それと似たような(?)もので、疲れる日々が3日続くと、私の疲れの回復には3日を要するという感じ。3日間寝かせろー!と叫びたくなる(笑)。

金曜日は久しぶりにダーリンとディナーでした。あまりにもお店が空いていたので「この店、不味いのか!?」と一瞬思ったけど、お料理はとっても美味しかったです。でもフカヒレはちょっとしょっぱかったなぁ。。。もう少し塩分押さえ気味のほうが好みでありました。デザートも3品も付いてかなり満足♪ あんまりにもお腹が一杯だったこともあり、帰宅後は早く寝てしまいたくて、最低限の授業の準備だけをしてバタンキュー。いつもの長い金曜日の夜は、大体午前5時くらいまで英検の授業の教材作りをするのですが、睡魔に勝てず3時頃には寝てしまいました。土曜日はお昼ころに起きて、バタバタ教材を印刷しながら出掛ける支度をしていたら、思いがけない電話が入ってきました。9月の連休の際の強化版授業に大阪からいらした生徒さんが突然やってきたらしく、会場に誰もいないけれど今日の授業はあるのかと訊かれたのです。ちょっと待ってよー、そんな話きいてないよー、来るなら来るって連絡くらいしてよね。そんなわけで、印刷終わりかけていたのに1人分追加でまた印刷。あーもう遅刻だ(←教える側の人間が遅刻です、とってもゴメンナサイ)。

無事に授業は終わりましたが、いやはや、なんとも疲れました。生徒さんたちの中には、ご自身が英語の先生として小中学生や高校生に英語を教えていらっしゃる方もいます。教えるということに関しては共通だと思うし、教えるレベルが違うだけで、教えるスキル自体には優劣はないと思っていますが、英検も1級レベルになると、単純に英語を教えるだけではなく、そこに様々な問題が絡んできたりするので難しいなぁと思うことがしばしばです。多かれ少なかれ何かを犠牲にして勉強を続けている方が多いので(仕事や家族との時間を削ったり、睡眠時間を削ったり、他の楽しみは合格までお預けという方もいらっしゃるし。。。)、皆さんそれなりの決意と覚悟で勉強しているわけです。私が一番勉強してないなーと思わされます。そんな中で、体調を崩されたり、仕事やご家族のことで何か問題が起きると、張り詰めている分だけ崩れやすくもなって、こんなに頑張っているのに、とか、もうこれ以上頑張れません、などといわれると(実際そういう言葉が出るのも無理が無いくらい日頃頑張っているのを見ているので)、どう言葉をかけて良いのか判らなくなったり。そういうときにはどうしたら良いんでしょうねぇ。ふぅ。今のところ黙って頷いて話を聞くくらいしか出来ません。私の場合、たまたま状況と環境と需要があったので1級の授業をやっていますが、私自身は教えることを一生の仕事にしようと思っているわけではないし、教え方が上手なわけでもないと思うので、こういう奥深さに直面すると自分が迷路の中にいるような気分になります。一人一人が内面に抱える問題だけではなく、生徒さん同士でも互いに要求するレベルが高く、それがぶつかり合うこともあります。英語の授業だけにとどまらない話になることも多々あります。ふぅぅぅ~~~。英語の授業なんだか人生観の授業なんだか。まぁそういうことをすべて含めて英検1級なのかもしれないなぁと思いますが。

ようやく涼しくなったと思ったのに週末は2日間とも暑くて気分的にももうグッタリ。日曜日は何もする気になれず。おかげで自分自身の宿題がたまりっぱなし。今週の「医学のあゆみ」は買いませんでした。毎月第一週目は特集版で分厚くて高いので(2000円)これは読まないことにしました♪ 薄っぺらいときしか買わないんだ~。そのほうが気楽に続けられます。

20050930-present-2

 

 

 

 

ダーリンからのプレゼント。このところちょっとゴキゲンナナメだった私ですが、すっかり懐柔されました♪

|

« 温かい飲み物 | トップページ | ありがとうございます »

コメント

週末はほんと暑かったですね。
大学時代、英検の委員を務める先生を客員講師に仰いでいたサークルにちょっと関係しました。卒業した諸氏も先生目当てで来るところでしたので、「1級ともなるといろいろなことが絡む」という雰囲気、分かるような気がします。

私自身は英検を受けたことがなく、1級を教えるなんてとてもムリ。

投稿: ぽてて | 2005年10月 4日 (火) 13:30

ぽててさん、ようこそ~。(余談だけど「ぽてて」ってポテっとした猫の手でしたっけ? フライドポテトの大好きな私、どうもポテトを連想してしまう。。。)。

1級だからすごく英語の難易度が高いとかっていうワケじゃないんですよねぇ、なぜか。そりゃまぁ小難しい構文もタマには出てくるけど、勢いとか雰囲気とか気力のほうが1級突破には必要かも知れない、と思う今日この頃。もちろん最低限の基礎力は要りますが。だってこんな私が教えてるんですよー? 正確な語彙力や文法力より、行間を読む力のほうが要るのかもな~。だって生徒さんたちのほうが軒並み私よりも単語力があるんですもの(笑)。

投稿: snowberry | 2005年10月 5日 (水) 14:39

ブログ開設おめでとう。
私は休眠中。

投稿: ゆりこママ | 2005年10月26日 (水) 14:26

ゆりこママさん、こんにちは。
ご多忙を極めていらっしゃるご様子。ご自身もゆっくりお休みを取ってください。落ち着かれたらまたブログのほうで近況などをお知らせくださいね。

投稿: snowberry | 2005年10月26日 (水) 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138385/6234431

この記事へのトラックバック一覧です: 教えるということ:

« 温かい飲み物 | トップページ | ありがとうございます »